2017年5月24日 (水)

駅のたたずまい 7 プリンシペ・ピオ駅 スペイン   服部一人

_khf9718

_khf9710

_khf9704

プリンシペ・ピオはスペインの首都マドリード市内の駅である。古めかしい鉄骨の大屋根が駅を覆っているのは、かつてはここが大きなターミナル駅だった頃の名残である。構内に頭端式のホームが残るが、現在はマドリード市内環状線の駅のひとつとしてひんぱんに近郊列車が走っている。駅はモダンに改装されているが、一部に古い駅舎を残し、新旧の取り合わせがなかなかすてきだ。

ここはRENFE(スペイン国鉄)と地下鉄が交わる乗換駅なのだが、この2つはほぼ直交している。プリンシペ・ピオ駅をもっとも特徴づけるのは地下鉄のホームが吹き抜けになっていることだ。RENFEの構内からも地下鉄ホームを見下ろすことができ、天気のよい日には高い大屋根から地下鉄まで光がふりそそぐ。さらに吹き抜けの地下鉄ホームのすぐ上をRENFEの鉄橋が地下鉄ホームを横切るようにまたいでいる。立体的で大胆な構造の駅なのだ。

_khf9705
RENFEから地下鉄ホームにエスカレーターでおりると、すぐ頭上にはつや消し黒の鉄橋がある。列車が通過するときには大屋根に反響して大きな音がする。

_khf9696

_khf9729

FUJI X-T2, Fujinon XF10-24/4 R                                VOL.978

2017年5月21日 (日)

LongDistance ・・・・・ とある休日 ・・・・・  梅村貴子

170521_001ok_3
__

170521_002ok

170521_003ok

170521_004ok

170521_005ok
__

170521_006ok

仙台市宮城野区港
Canon EOS 6D 17-40mm F4 / SONY α7R2 70-200mm F4
Vol.977

2017年5月18日 (木)

久方ぶりの長崎  170518 太和田光一郎

Pmd_8267kt_

久方ぶりの長崎での仕事のため、ヒコーキで前日入り。リムジンバスが駅前に着いたのは20:00を回っていましたが、ホテルに行くまでの間、撮影を楽しみました。

下の写真は、駅前の歩道橋からの撮影です。3枚目の写真は築町の電停をバスの車内から撮っています。

翌日は朝から快晴になり、茂里町まで乗車して仕事場へ…。

昼休みに外に出てスナップしたのが上の写真です。

Pmd_8058k_

Pmd_8114kt_

Pmd_7955kt_

オマケ:JR長崎駅を見学した後、裏側のヤードがあったところへ行ってみると、すでに線路は剥されており再開発の真っ只中でした。(写真下)

博多から新幹線がやってくるのは、いつ頃なのでしょうか。

Pmd_8133k612_ 長崎電気軌道 撮影:2017.4.29-30  Nikon D5  16-35mm F4   70-200mm F4     Vol.976

2017年5月15日 (月)

遥かなる旅愁-息吹の駅  深川俊一郎

桜前線が海峡を渡ると、思い出したようにように春が急ぎ足でやってきます。
本線という名のローカル線に、小さな小学校を思わせる立派な旧駅がありました。

170261

170241

170262

170285

170286
息吹の駅


冷たい春風がまっすぐな清流のごとく、息吹を運んでくる。
古い駅にはどこかホッとする温かさがある。
函館本線 鹿部 HASSELBLAD 201F  Distagon CF 50mmF4 T*

Vol.975

«駅チカの昭和風情 7 名古屋地下鉄伏見駅   服部一人

最近のトラックバック

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31