2022年11月27日 (日)

「とき」の道②  深川俊一郎

40年前の昭和57年11月14日、上越新幹線開業前夜に、181系特急「とき」が多くの人に見送られて去っていきました。
前回に続き、その雄姿をご覧いただきます。

M7810135ss
まなざし
クラシカルだけど、普遍的なカッコよさがある。
正視するとグッと引き込まれる。
東北本線 上野 minolta XE MD TELE ROKKOR 135mmF2.8 SS

M800150px
上野駅斜陽
西日が眩しかった上野駅8番線ホーム。
切符も持っていないのに、ふらっと乗ってしまいそうな誘惑に駆られた。
東北本線 上野 minolta XE MC ROKKOR 50mmF1.4 PX

M8204135txya3
羽ばたく
擬人化(人ではなく鳥?)するのはあまり趣味ではないが、何だか力強く羽ばたいているみたいで格好いい。
このクハ181-45は、オリジナルヘッドマークを付けて鉄道博物館に鎮座している。
東北本線 北浦和-与野 minolta XE MD TELE ROKKOR 135mmF2.8+YA3 TX

M8203135tx
想いを乗せて
本当に一瞬だった少年の視線。
金属製の行先標(サボ)が旅愁を誘う。
上越線 群馬総社-渋川 minolta XE MD TELE ROKKOR 135mmF2.8 TX

大きなヘッドマークの「とき」の文字には下に小さく「朱鷺」と書かれており、子供ながらに難しい漢字を覚えたものだ。その後イラスト入りに変わってしまったが、オリジナルのシンプルさがよかった。
特急「とき」の道、すなわち上野-新潟間を全区間歩き通した私にとって、その沿線の光景は今でもしっかりと脳裏に焼き付いている。ただし国境の清水トンネルだけは通れないので、谷川岳を(もちろんロープウエイを使わず西黒尾根を登って)踏破した。
都心の雑踏から埼玉の郊外、群馬の峠道や峡谷、そして国境を越えて上越の山峡から山里を下り、越後平野を新潟へ…この変化に富んだ道を、いつもは普通列車ばかりだったが、たまに乗る特急「とき」は、それは楽しい旅路だった。

M8205
水鏡
岩原の大カーブは12両編成の長い列車がきれいに見渡せる。
空と大地の境が分からなくなるころ、その狭間を照らすように列車がやって来た。
上越線 越後中里-岩原スキー場前 minolta XE MC W.ROKKOR 35mmF1.8 PX

M8005135px輝く
渋川を過ぎれば峠道が始まる。
軽やかに、そして力強く駆け登ってゆく。
上越線 敷島-津久田 minolta XE MD TELE ROKKOR 135mmF2.8 PX

M8112
夕暮れ時
夕暮れ時、うっすらけぶる向こうの集落を見ていると、遠い街に来たなとふと寂しくなる。
空っ風のない穏やかな師走だった。
上越線 津久田-岩本 minolta XE MC W.ROKKOR 35mmF1.8 TX

M8102200fx視界不良
湿雪で見る見る視界が霞んできた。
列車が舞い上げる雪も荒々しく重たげだ。
上越線 大沢-塩沢 minolta XE MD TELE ROKKOR 200mmF4 FX

M800235fx
閉ざされた駅
清水トンネルの入り口にある土樽駅は、新潟県側の国境駅だ。
雪に埋もれた入り口を開ければ、暖かいストーブが待っている。
上越線 土樽 minolta XE MC W.ROKKOR 35mmF1.8 FX

しんしんと雪が降り続く静かな午後の土樽駅。暖かいストーブの中で、まったりと休んでいた私は、時計の針が16時になるのを確認して腰を上げた。そして雪で重くなった扉を開けて絶句した。
そこは一寸先も見えない吹雪だった。まるで映画が終わって表に出ると真っ暗に日が暮れていた時のように、頭が追いつくのに一瞬の間が必要だった。
暴風雪が目と耳を襲うのも構わず歩き出す。路肩が消えそうな道路を黙々と進む。そして山中の線路がある方向に目星をつけて雪壁を登り始めると、輪カンを履いても腰まで深雪に埋もれてしまった。
ホワイトアウトと化した雪原をただひたすら力任せに泳いだ。

M8201
眼光
もう視界は僅かだった。
やがて群青色の宵闇に吸い込まれそうな森の奥から、鋭い眼光がこちらに向かってきた。
上越線 土樽-越後中里 minolta XD MD TELE ROKKOR 135mmF2.8 TX

M821135tx
惜別のとき
昭和57年11月14日の上野駅は別れを惜しむ人であふれた。
この後私は最後の181系、16:49発の特急とき23号に乗って新潟に向かった。
東北本線 上野 minolta XE MC W.ROKKOR 35mmF1.8 TX

(フィルム略号…FX:Panatomic-X PX:Plus-X TX:Tri-X SS:NEOPAN SS)

Vol.1677

 

2022年11月24日 (木)

軽便の夢 くびき野レールパークふたたび   服部一人

B0000855

今やっている青山でのグループ展でくびき野レールパークの写真を出品している。この写真の機関車は静態保存で実際には自走できないのだが、スモークやライトを準備して現役当時の雰囲気の再現を目指した撮影会で撮った写真だ。こうして写真に撮ってみれば、出発する直前といったリアルな雰囲気が出ていると思う。

軽便鉄道は僕にとって永遠の憧れだ。かつて全国にたくさんあった軽便鉄道も、僕はその現役時代をほとんど見ておらず、ましてや蒸気機関車が走っている姿など先人たちの写真を見て想像するだけだ。幸いなことに近頃は数々の保存鉄道を訪ね歩くようになって実物を見ることも増えてきたが、そのたびに美しい情景にうっとりし、かつての時代に想いをはせることを繰り返してきた。

心の中に抱く「軽便の夢」が目の前にある。

B0000790
B0000861
B0000865

Hasselblad 500CM, CFVⅡ50C, Distagon50/4, Planar80/2.8  VOL.1676

2022年11月21日 (月)

LongDistance  〜〜〜 ちょいと一杯 「あさま Happytime」 〜〜〜  梅村貴子

221121_001

信濃路の出張帰りの始発の「あさま」
お気に入りの席に座ったら、お疲れさんのちょっといっぱい、ふぃ~~~

隣のホームには同じ東京行きの「かがやき」がやってきて、さぁっと出発していきました
わたしは急ぐこともないし、「あさま」の長い乗車時間を楽しむことと致しましょう

221121_002

___

221121_003

___

221121_004

___

221121_005

注・実際は呑んでおりませんです。
呑んだらおそらく、撮影はしない…ですね。(^^;

JR東日本 北陸新幹線 長野駅・上田駅
Sony α7R3    FE24-105mm F4
vol.1675

〇〇〇〇〇〇〇〇

12日の服部氏の記事内でもご案内させて頂きましたが、毎年この季節にやっておりますグループ展(服部と梅村が参画)が開催中です。
すでにご来場いただきました皆様には御礼申し上げます。

28日(月)までとなります(22日は休廊)。ご都合がよろしければお立ち寄りいただけましたら幸いです。
どうぞよろしくお願いいたします。

 

日本大学芸術学部写真学科卒業生鉄道愛好会
Railway 髭おやじとゆかいな仲間たち」

2022.11.16(水)~11.28(月)  22日火曜は休廊
12:00から19:00  (最終日は17:00まで)

ギャラリーストークス GALLERY STORKS

東京都港区南青山6-2-10 TIビル4F 
03(3797)0856

https://www.gallery-storks.com/index.html

221121_006

_

2121121_007

2022年11月18日 (金)

見なれた街Ⅱ  221118  太和田光一郎

Pmd_9657kt_ Pmd_9643k_ Pmd_9543k_ ここは我家から歩いて5分程の撮影地。朝の透明感あふれる光の中で、踏切をモチーフに撮影しました

 撮影:2022.11.11 京成本線 海神駅

Nikon Z7Ⅱ  NFD500mm F4.5L

Vol.1674



«「とき」の道  深川俊一郎

最近のトラックバック

2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30