« ゆずと行く・・八高線  伊勢新一郎 | トップページ | 耀ふ  太和田光一郎 »

2012年6月 8日 (金)

線路端の光景-その1  深川俊一郎

列車が去った後には・・・長くゆったりとした時間と空間が流れてゆきます。そこにはいつも、いずれまたやって来る次の列車の予感があるのです。
線路から付かず離れず、そこにある名もない小さな一瞬を見つけては、ささやかなアルバムの1ページを重
ねてゆきたいと思います。

01018

陽春
雪解けの頃、大地はモノトーンのままで、白から土色にゆっくり変わってゆきます。
足元には、ふきのとうや、つくしが芽吹き、空には、つばめが春風をきって飛び交ってゆく。線路際の田んぼでは、いよいよ農作業が始まりました。

ROLLEIFLEX V  Tessar 75mmF3.5 T


08025

ひとやすみ
5月も半ばになれば、日差しは高く、動けばすぐに汗ばむほどの陽気になります。
これから夏至にかけて、ひたすら日が長くなりますが、いずれ梅雨入りするはずですから、昼の長さを一番実感するのは五月晴れのこの頃なのです。
とても優しく可愛らしい(失礼!)おばちゃんと、とても優しく寡黙なおじちゃん。列車が去り周りが静かになると、「ご苦労さん」といって、よく冷えたオレンジジュースを出してくれました。

ROLLEIFLEX V  Tessar 75mmF3.5 T

« ゆずと行く・・八高線  伊勢新一郎 | トップページ | 耀ふ  太和田光一郎 »

深川俊一郎」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/559323/54736073

この記事へのトラックバック一覧です: 線路端の光景-その1  深川俊一郎:

« ゆずと行く・・八高線  伊勢新一郎 | トップページ | 耀ふ  太和田光一郎 »

最近のトラックバック

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31