« ゆずと行く・・となり町の水鏡  伊勢新一郎 | トップページ | 奥会津より-初秋の候  深川俊一郎 »

2012年9月26日 (水)

見なれた街Ⅱ  太和田光一郎

思い出がいっぱい詰まった街。 渋 谷 

映画を観に来た街。レコードを買いに来た街。学生の頃、初めてデートをした街・・・。 大好きだった157系の最後の御召列車を撮ったのも、ここ渋谷だった。

そして今、馴れ親しんだ渋谷の街が、鉄道が、生まれ変わろうとしています。

Pmd_2927k_

Pmd_2962k_

2012.9.24 工事が進む東京メトロ銀座線渋谷駅東口(上) もうすぐお別れ東急東横線渋谷駅(下)

Nikon D4  16-35mm F4G ・ Ai16mm F2.8

« ゆずと行く・・となり町の水鏡  伊勢新一郎 | トップページ | 奥会津より-初秋の候  深川俊一郎 »

太和田光一郎」カテゴリの記事

コメント

毎日、通勤の乗り換え駅なのに日々の変化には疎いようでした。身近な風景こそ大事にしないといけないですね。
この写真見て、94年の太和田さんのグランプリ作品を連想してしまいました。

いつもご覧いただきありがとうございます。
このシリーズでは、常に生活の目線で被写体に接して作画してゆく姿勢で取り組んでおります。
特別の場所でもなく、珍しい列車が写っている訳でもありません。
どこにでもあるような見なれた情景を、自分というフィルターを通して、いかに作品性を高めてまとめるかが難しさでもあり、また楽しさでもあります。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 見なれた街Ⅱ  太和田光一郎:

« ゆずと行く・・となり町の水鏡  伊勢新一郎 | トップページ | 奥会津より-初秋の候  深川俊一郎 »

最近のトラックバック

2021年12月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31