« LongDistance  梅村貴子 | トップページ | TOKYO RAILWAY  夕凪  太和田光一郎 »

2012年12月13日 (木)

冬本番 いざ行かん津軽鉄道 ストーブ列車へ   服部一人

東京でもめっきり寒くなり、小雪が散らついたりするようになると、旅の気分は一気に北へと向かう。目指すは津軽鉄道、かのストーブ列車です。

雪国の冬は本当にたいへんなのだが、僕のように街で暮らす人間は北国の冬というと、勝手にロマンチックな想いをはせる。
一面の銀世界をゆくストーブ列車、視界もままならぬ地吹雪の中のヘッドライト、腰も埋まるほどの豪雪、津軽鉄道は期待を裏切りません。全部あります。
いままでに4回訪問しているけど、そのうちの3回は雪の季節でした。申し訳ないと思いつつ、旅人の勝手な旅情を満たすには冬の津軽鉄道はぴったりです。

ストーブ列車に乗るには多少の追加料金が必要です。地元の人は1両連結されたレイルバスの方に乗るので、ストーブ列車の車内は、明らかによそ者の僕のようなお気楽な旅行者ばかりです。車内にはほのぼのとして暖かい雰囲気が満ちています。アテンダントのお姉さんがいて津軽の世間話をしてくれるので、みんな楽しそうです。
車内販売のスルメを買ってストーブであぶっていただき、ぬくぬくとしながら真っ白の車窓を眺めていると、もう気分満点です。これぞ雪国の旅情です。お酒も売っているので、こちらも一緒にいただくと、さらに旅情は数倍アップしますが、今日はこれから途中下車して雪原での撮影が待っているので、酔っ払って足元が狂うといけないので自重しました。

津軽の冬は本当に厳しいけれど、津軽鉄道で一日堪能して東京に戻る時には、来年の冬もまた来ようという気分になっています。旅人の勝手な想いを受け止めてくれて、津軽は優しいです。


_20120124_0025

五所川原で跨線橋を渡り、津軽鉄道のホームに立つと、すでにそこはバリバリに凍っています。「歓迎」の文字もうれしく、いやが上にも気分は盛り上がります。


_20120124_0034

元西武の電車を改造した客車もすっかり雪に埋もれています。


_20120124_0065

車内の調度も言うことありません。自分の部屋の内装にしたいくらいです。


_20120124_0054

降った雪と屋根から落ちた雪とで壁のようになっています。このあたりまでは天気がよかったのですが、冬の津軽は天候が急変します。

_20120124_0111 芦野公園で撮影する頃には、すっかり薄暗くなり小雪も降り始めました。


_20120124_0118

どんよりと曇った空に、地吹雪で氷雪が張り付いた客車。絵に描いたような雪国の冬。


この旅では、青森県立美術館で津軽の有名な写真家、小島一郎の写真展を見ました。冬の津軽の重い写真は、雪で真っ白になった地元の美術館で見ると、また格別のものがありました。


Canon EOS5D Mk2  24-105/4      2012 Jan.

« LongDistance  梅村貴子 | トップページ | TOKYO RAILWAY  夕凪  太和田光一郎 »

服部一人」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 冬本番 いざ行かん津軽鉄道 ストーブ列車へ   服部一人:

« LongDistance  梅村貴子 | トップページ | TOKYO RAILWAY  夕凪  太和田光一郎 »

最近のトラックバック

2022年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31