« LongDistance -130523-  梅村貴子 | トップページ | ゆずと行く・・振り向けば戻り道  伊勢新一郎 »

2013年5月25日 (土)

線路端の光景-5  深川俊一郎

列車が去った後には・・・長くゆったりとした時間と空間が流れてゆきます。
そこにはいつも、いずれまたやって来る次の列車の予感があるのです。
線路から付かず離れず、そこにある名もない小さな一瞬を見つけては、ささやかなアルバムの1ページを重ねてゆきます。


09017
路地裏


駅前通りから路地をたどって角を曲がると、小さな踏切が見えた。
日差しが傾きかけた午後の散歩道にて。

ひたちなか海浜鉄道 殿山-平磯 HASSELBLAD 500CM Distagon CF 50mmF4 T*

10036
改札口にて


お見送りか、お迎えか、はたまた漂う風の匂いに誘われているだけか・・・
今やすっかりアイドルになった、おさむくんは何を思う。

ひたちなか海浜鉄道 那珂湊 HASSELBLAD 500CM Distagon CF 50mmF4 T*



当ブログもおかげさまでもうすぐ一年です。

1

« LongDistance -130523-  梅村貴子 | トップページ | ゆずと行く・・振り向けば戻り道  伊勢新一郎 »

深川俊一郎」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/559323/57418474

この記事へのトラックバック一覧です: 線路端の光景-5  深川俊一郎:

« LongDistance -130523-  梅村貴子 | トップページ | ゆずと行く・・振り向けば戻り道  伊勢新一郎 »

最近のトラックバック

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30