« 1周年記念 〔臨時9523M〕    濱島 栄 | トップページ | 1周年特別企画 線路端の光景-特別編  深川俊一郎 »

2013年6月10日 (月)

1周年企画  原点・品川リバイバル  太和田光一郎

今回は、一周年を記念してよく撮影に訪れた地、私の鉄道趣味の原点とも言える品川界隈の懐かしい写真をご紹介したい。

品川-田町間にあった広大な車両基地『品川運転所』(旧品川客車区・旧東京機関区)は、大好きだった車両たちが羽を休める憧れの聖地だった。

列車で通過するときも、額をガラス窓へ付けては「ロクイチがいた!」と心の中でつぶやく・・・。庫の中にいる姿を一目見れるだけで嬉しかった。

しかし、4年前の2009年3月、東京口最後の客車寝台特急「富士・はやぶさ」が廃止になると同時にその役目を終え、すぐさま跡形もなく解体されてしまった・・・。

以前、品川駅東口にあった新幹線東京第一運転所・貨物取扱所、品川機関区は、すでに姿を消しており、再開発が終了しているのはご承知の通りである。 

現在は、将来、新駅が誕生することになったこの高輪付近を中心に、大規模な再開発工事が進められている。 品川方の田町車両センターは、当時のままの姿を残しているが、今後、東北縦貫線が開通すれば、その役目を終えることだろう。

Pmd_2567kt_

Pmd_2682k_

2013.6.9 東海道本線下り線より見た品川客車区本部跡地付近。線路の海側への移設が急ピッチで進められている。(上)

工事中の品川駅構内。9・10番線臨時ホームは既に姿を消している。写真中央にある、超高層ビルのところに品川機関区があった。(下)

Photo_2

ブルートレイン人気が次第に高まってきた昭和48年、大阪から転校してきた S君に誘われ、初めて品川客車区へ撮影に訪れた。

この日、子供たちだけでは心配と、S君のお父様が引率してくださり、品川駅東口に出ると「お茶でも飲もう」と、すぐ近くのボナールという喫茶店に入ってコーヒーをいただいた。こんな刺激物を飲んでしまって、胃の調子が悪くならないかと心配したことを思い出す。 

東口からはタクシーに乗車、超デラックスな撮影行。あっという間に客車区前に到着した。急に押しかけたにもかかわらず、区長さんが客車区本部前からならと、すんなり撮影許可がいただけた。お父様のおかげ。

この後、お昼はカレーライスをご馳走になり、秋葉原の交通博物館を見学し、上野駅へ。たくさんの特急列車を見て持参した20枚撮りのモノクロフィルム1本を使い切った。

Ef58ef15__3

客車区入口の貨物線。折りしも、やってきたEF15194+EF5843の回送を興奮しながら写す。

小5の私にとって、この体験が一生忘れられない思い出となり、その後の鉄道写真人生の原点となった。

後に、近くを走る東京モノレールへと撮影対象が広がっていくのである

Img044k_

東京駅から上り「はやぶさ」の回送が月見群線に到着すると、興奮はピークに達した。(牽引機EF65pが何号機だったかは、未だ不明)

1973.11.3 メイカイSL (ライカサイズ・50mm F8付き固定焦点カメラ) 東郷堂写真工業製  コニパンSS 

Kr_2 19770801_104k__7中3の夏、クラスメイトのI君と品川客車区見学会に応募し、揃って当選! 見学会への切符を手に入れた。

この日のために、泣けなしの小遣いで購入したコダクローム64。初めての使用にドキドキしながら露出を合わせたのを昨日のことの様に憶えている。(右)

2010__6

月見群線の20系「あさかぜ」カニ21のオデコが可愛い。10系客車が憩う。品川客車区本部2階より。(左) 

_

客車区本部の横の交番検査の倉と客車修繕庫の間にあった狭~い軌道。しかし、ここでトロッコが活躍しているところを見ることは一度もなかった 。(左下) 

見学会当日に参加者全員に配られたしおり。客車区の沿革や路線図などが記された貴重な資料だ。(左)19770801_101k_KRでの記念すべきファーストカット。。この頃、品川機関区所属のDD13は構内での客車の入れ換えや、写真右奥に見える千代田倉庫の貨物・汐留などで大活躍だった。(DD1312+DD1358)

Pmd_0099k_懐かしい当時のパッケージ。原板ポジには当時の色彩がしっかりと残っている。 

1977.8.1  Canon EF  FD55mm F1.2

1

« 1周年記念 〔臨時9523M〕    濱島 栄 | トップページ | 1周年特別企画 線路端の光景-特別編  深川俊一郎 »

太和田光一郎」カテゴリの記事

コメント

こんばんは^^
先日、品川駅でお会いしたものです。

品川に関する記事、拝見させていただきました。

僕がまだ生まれていなかった時代のことがよくわかりました。
今の品川と比べてずいぶんと鉄道関連の施設があったのですね!

僕の祖父も品川に住んでおり、
「昔は、貨車がたくさん止まっていた」
などの話を聞いたことがあります。

これからも楽しい記事を待っていますので、頑張ってください。

それでは!

LIMITED_EXPRESS_AKEBONO 様

この度は、早速にご覧いただきましてありがとうございました。先日の品川駅でのひと時もとても楽しかったです。
鉄道趣味は、世代を超えて喜びを共有でき、いい仲間がたくさん出来る素晴らしい趣味ですね。
これからも、よろしくお願いいたします。

はじめまして、
DD13-58号機は1970年に八王子に転属になってます。
他の方でも1970年以降に品川に居たとの証言もあります。
おそらく、所属は基本的に八王子で臨時で品川へ出入りしてたのか?
非常に不思議なのです。検査の関係かも知れません。
75号機は新製配置から廃車までを品川一筋の釜です
72、80などは宇都宮へ・・・この58号機だけが不思議なのです。

国鉄ファン様

はじめまして、ご投稿いただきましてありがとうございます。
品川機関区が健在の頃、DD13のトップナンバーも元気に活躍していましたね。
品川駅構内や、品鶴線でよく撮ったものでした。
これからも、機会があれば国鉄時代の懐かしい写真をUPしてまいりますので、
よろしくお願いいたします。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 1周年企画  原点・品川リバイバル  太和田光一郎:

« 1周年記念 〔臨時9523M〕    濱島 栄 | トップページ | 1周年特別企画 線路端の光景-特別編  深川俊一郎 »

最近のトラックバック

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30