« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »

2013年7月

2013年7月31日 (水)

ゆずと行く・・ある日の肖像 伊勢新一郎

1k_2

不安定な天気で朝から空気が重苦しい

ゆずも、ぼんやりと過ぎ行く列車を眺めている・・・

ディ-ゼルエンジンのうなりも山間に消えて
なにげない一日が過ぎていく

Photo_2

Photo_3Lumix GX1 PZ14-42mm JR烏山線にて

2013年7月29日 (月)

夏雲遥か-小湊鉄道  深川俊一郎

白く湧く積雲が遠くで呼んでいる。
房総の小さな鉄道が郷愁を呼び覚ます、想い出の夏。

12037
わた雲


わた雲が湧いたと思えば、その顔を変えながら足早に流れてゆく。
夏の大空スクリーンはとても賑やかだ。
小湊鉄道 高滝-里見 HASSELBLAD 201F Distagon CF 50mmF4 T*

13057
猛暑日に


人っ子一人いないある猛暑日。
こつこつと確かな音を響かせて、小さな鉄路を守る人がいた。
小湊鉄道 高滝-里見 HASSELBLAD 201F Distagon CF 50mmF4 T*

12037_2
静かな夏の午後


蝉の鳴き声がうるさければうるさいほど、静寂を感じるのは何故だろう。
そこには空虚な夏の空間が広がっている。
小湊鉄道 月崎 HASSELBLAD 201F Distagon CF 50mmF4 T*

2013年7月27日 (土)

函館市電100周年(下)   街並みと懐かしの電車たち

2013_06_30_100_0279

月並みですが、函館市電はやはりこういう風景が似合います。古いもの同士でいい雰囲気です。

トワイライト撮影会(こちら→http://blog.rail-on.com/2013/07/100-55e8.htmlがあった翌日、早朝5時台から旧型電車の続行運転がありました。530を先頭に723、そして箱館ハイカラ號、ササラ電車と続きます。分岐のある十字街は朝早くからけっこうな人出でした。その後、530と723は午後まで運行。ハイカラ號も定例の夕方までの運行です。良い天気にもめぐまれて、一日旧型車を楽しめました。

2013_06_30_100_0251

2013_06_30_100_0403

2013_06_30_100_0165

十字街での早朝の続行運転。530が先行して行ってしまったので3両だけですが、まだ車の少ない通りを静々とお成りになります。

2013_06_30_100_0619

2013_06_30_100_0023

降雪期でもないのにササラ電車が走るのは非常に珍しいと言えましょうか。イベントならではです。

2013_06_30_100_0554

こちらおなじみのハイカラ號。「百」の文字がきいてます。

Canon EOS5DMk2, 60D, EFMacro100/2.8L, 17-40/4L, Makro-Planar50/2, Distagon35/2, FUJI X-E1 FUJINON XF 18-55/2.8-4

2013年7月25日 (木)

LongDistance -- 130725 --  梅村貴子

                  ○○○○○ 勝手に 「JR北海道応援企画」 ○○○○○

JR北海道で車両トラブルが相次いでおり、北海道ファンの端くれとしては悲しい・・・、残念・・・。

ぐぁんばれ JR北海道!!!

130725_001_4

130725_002_3

130725_003_2JR北海道  千歳線 上野幌ー北広島   2013.6 the final week
Canon EOS 5DMarkll EF70-200mm F4L

2013年7月23日 (火)

見なれた街Ⅱ  -130723-  太和田光一郎

近所で買い物をした後に、ちょっと寄り道。元気なセミの鳴き声を聴きながら、昼下がりの公園でひと休みです。

大木から放たれる気のシャワーを全身で受け止めて・・・。

至福のひと時です。

Pmd_0243k_
2013.7.21 JR武蔵野線 西船橋-船橋法典間

16-35mm

2013年7月21日 (日)

ゆずと行く・・夏の河原  伊勢新一郎

M1kan

暑い日が続きます。
いつもの河原を10分も歩いていられません。

バッタ君も草陰にじっとしています。

通り過ぎる列車も、目に入る汗で霞んでしまう・・・

M2kan
M3kan
LumixTZ40

2013年7月19日 (金)

奥会津より-梅雨明け間近  深川俊一郎

東京が猛暑にうなされている頃、こちらでは梅雨の末期特有の、蒸し暑く不安定な天気が続きます。
眩しい夏空を迎えるためにも、必要な儀式なのでしょう。

12030
光る朝


たっぷりの水を蓄え、稲は順調に育っている。
アウトフォーカスの背景に、ゆっくりとヘッドライトが彷徨ってゆく。
只見線 上条-越後須原 HASSELBLAD 201F Sonnar C 150mmF4 T*

13052
繁茂


しっとりと湿度を含ませた木々は、幾重にも緑の油絵具を重ねてゆくよう。
ほんの一瞬顔を覗かせた只見線の緑が同化している。
只見線 会津宮下-早戸 HASSELBLAD 201F Sonnar C 150mmF4 T*

2013年7月17日 (水)

函館市電100周年(上) トワイライトの駒場車庫   服部一人

2013_06_29_100_0091b

新旧の電車が一同に勢揃い。ライトや方向幕も点灯してあでやかなもんです。


函館市電は今年がめでたく100周年。先頃記念のイベントが開かれました。

 

まずは駒場車庫のトワイライト写真撮影会。夕方のきれいな斜光線に照らされる頃から、次第に夕闇に包まれて美しいブルーの夜景まで十分に撮影を楽しみました。夜店も出てビールも売っているので、のんびりと楽しみたいところですが、撮影に夢中になってそれどころでないのが貧乏性ですね。

 

古い電車がじっくり見られてたいへん満足でした。函館市企業局の皆様、すばらしいイベントを開催していただきまして、どうもありがとうございました。

 

 

  

_dsf0194

こちらは可愛い電車の3台並びです。ささら電車は本物を初めて見ました。

2013_06_29_100_0175

当日展示された車両の中でもとりわけ気になるのがこの2両。530号は長年の風雪を生きてきた風格ある面構え。渋いツートンカラーも実に似合ってます。かたや723号のグリーンとクリームの塗り分けもレトロでいいですね。阪堺電車のモ501旧塗装に通じる魅力があります。(こちら→http://blog.rail-on.com/2013/06/501-0bb9.html )僕がグリーンとクリームのツートンが好きなのは、幼少の頃に身近にあった名古屋市電の原体験かもしれません。

2013_06_29_100_0155

530号は夜の光の中で見ると、より重厚さを感じます。大きく書かれた「530」という正面の数字が堂々としていて好きです。

2013_06_29_100_0131

夕闇と車内のタングステンライトの暖かな光のコントラストが美しい。

_dsf0204

当日の様子。車両の入れ替えもあって、函館市企業局のサービスはきめ細かく、かつファンの希望をかなえるもので充実した撮影会でした。終了時には集まった人々から拍手が起こりました。

 

CANON EOS 5DMk2, 60D,  EF Macro100/2.8L, Makro-Planar50/2, Distagon35/2   FUJI X-E1 Fujinon XF18-55/2.8-4

 

2013年7月15日 (月)

LongDistance -- 130715 --  梅村貴子

          =|=|=|=|=|=|=|=|=|=  明るい 涼しい Tokyo underground  =|=|=|=|=|=|=|=|=|=

130713_001

130713_002

130713_003

130713_004

猛暑日が続きます。
快適な地下鉄の構内、車内・・・。
2年前の夏を思えば、本当にありがたいです。

東京メトロ 有楽町線豊洲駅 ・ 都営地下鉄大江戸線 月島駅 門前仲町駅
Sony Cyber-shot RX100

2013年7月13日 (土)

見なれた街Ⅱ  -130713-  太和田光一郎

先日、炎天下の中、カメラ三台をぶら下げて何時間も撮影していたら、危うく熱中症になりかけてしまいました。

撮っている時は、まったく平気だったんですが、その日の晩、体に熱がこもってしまい、慌てて脇の下と、鼠径部の動脈を冷やして、事なきを得ました。

みなさま、撮影は、つい夢中になって無理をしがちです。くれぐれも、熱中症にはお気を付けください。

Pmd_5990k__2

近所をランドスケープしている途中、いい情景が目に止まり、しばらく列車が来るのを待っていると、買い物の帰りでしょうか、絵になる若い女性が、うまく画面に入ってくれました。

2013.7.6  京成本線 船橋-海神間

16-35mm

続きを読む "見なれた街Ⅱ  -130713-  太和田光一郎" »

2013年7月11日 (木)

ゆずと行く・・ねむの木が咲くころ  伊勢新一郎

723kan

梅雨明けが近づくと咲く花、ねむの木。
普段は地味だけれど、花が咲き始めると
不思議な雰囲気を醸し出します。

じっと眺めていると童話の世界に入っていくような・・・

薄暮の時間帯が心地よい風景を作り出してくれました。

2hkb_kan

3fshkanLumix GX1

2013年7月 9日 (火)

大船渡にて  深川俊一郎

2年半ぶりに訪れた大船渡は、頭では分かってはいましたが、土地勘がなく戸惑うばかりでした。
静まり返ったこの街に立つと、身が引き締まる思いがします。
更地の向こうにタクシーが数台止まっていて、何となくそこが駅であったことを予感し、ゆっくりと近づいてゆくと・・・


13053brt01


13053brt02


13053brt03


13053brt04


13053brt05


13053brt06


13053brt07
BRTがきた


母屋はなく、今自分が立っている場所がホームの残骸であることは、後で振り返ってから気がついた。
階段を下り、レールがあったと思われる空間は、アスファルトが整備され、見慣れない光景が繰り広げられている。
レールが無いと何故こんなに寂しいのだろうか…
BRTが静かにやってきた。

大船渡 CONTAX T3 Sonnar 35mmF2.8 T*

2013年7月 7日 (日)

雲の多い日 弘南鉄道大鰐線   服部一人

_dsf0115

義塾高校前~石川

朝から日差しはあったが、雲の多い天気だった。出かける時には気持ちのいい風が吹いていた。

しかし中央弘前から電車に乗って義塾高校前で降りる頃には、湿気の多い蒸し暑い一日が予感された。

遠くまで視界はいいのだが、地表が太陽に照らされて水蒸気が立ち上り、あたりに拡散しているような気がする。10分も歩けばすでに汗が出てくる。のどが渇いて冷たい水を飲む。

まだ1時間ほどしか撮影していないが、けだるい感覚が体にある。こういう日は体力の消耗がいつもより激しいのかもしれない。1時間に1本ずつやってくる上下列車を待ちながらリンゴ畑の横にたたずんでいる。まだリンゴの実は青くて小さくて固い。日陰に腰を下ろして本を読みながら時間をつぶす。今日は機材も簡単で気軽な撮影だが、何だか少し調子が出ない。まぁ、こういう日もある。



_dsf0055

_dsf0111

_dsf0009

中央弘前は、名前のとおり弘前市の中心街に近い場所にある。しかし、にぎやかさとは裏腹に閑散としたところだ。駅の建物も昭和の雰囲気が濃厚である。

_dsf0031 

_dsf0104

_dsf0097



義塾高校前~石川 弘前中央

FUJI X-E1 FUJINON XF 18-55/2.8-4

2013年7月 5日 (金)

光芒  太和田光一郎

Pmd_3647kw__2

Pmd_3555kw_

その昔、駅で撮った写真はキヨスク、駅の近くで撮った写真はマルイと言っていたそうですね。 

今回、お見せするキヨスク写真は、「のぞみ号」の流し撮り。電光掲示板に案内が出て、しばらくすると颯爽と通過! 

何度見てもそのカッコ良さに、身も心も陶酔してしまいます。

2013.2.24 (上) 2013.6.22 (下) 東海道新幹線 熱海駅

Pmd_0296kt_

オマケ:2013.6.1 熱海駅(左)

駅のホームは危険がいっぱい。皆さん、通過列車にはくれぐれもご注意くださいね。

ところで最近、ここ新幹線熱海駅のキヨスクが姿を消してしまい、ホームがガラ~ンとしています。 

Nikon D4  24-70mm F2.8G  70-200mm F2.8G

2013年7月 3日 (水)

LongDistance -- 130703 --  梅村貴子

         ●●●●●●●  The Colors of Railway   厳かな黒 ー   ●●●●●●●

130703_001up

130703_002ok

130703_003ok

「北斗星」のきれいな青色ファンの皆様にはごめんなさい。
光輝く車体が神々しく見えて、こんな撮り方になりました。

厳かな、重みのある、「黒」、です。

寝台特急「北斗星」  JR北海道 札幌駅
Canon EOS5D Markll  EF70-200mm F4L 

2013年7月 1日 (月)

ゆずと行く・・7月の雨  伊勢新一郎

1kan_2

     憂鬱な雨の休日、しかたなく、ゆずの散歩に出る。
     クルマで少し離れた緑地に向かう。

     7月の雨のなか、鉄橋のシルエットが、かすかな彩を添えてくれる。
           少しだけ気持ちが落ち着いたような気がした。

313kan
211kan
      LumixGX1 45-175mm

« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »

最近のトラックバック

2022年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31