« 函館市電100周年(上) トワイライトの駒場車庫   服部一人 | トップページ | ゆずと行く・・夏の河原  伊勢新一郎 »

2013年7月19日 (金)

奥会津より-梅雨明け間近  深川俊一郎

東京が猛暑にうなされている頃、こちらでは梅雨の末期特有の、蒸し暑く不安定な天気が続きます。
眩しい夏空を迎えるためにも、必要な儀式なのでしょう。

12030
光る朝


たっぷりの水を蓄え、稲は順調に育っている。
アウトフォーカスの背景に、ゆっくりとヘッドライトが彷徨ってゆく。
只見線 上条-越後須原 HASSELBLAD 201F Sonnar C 150mmF4 T*

13052
繁茂


しっとりと湿度を含ませた木々は、幾重にも緑の油絵具を重ねてゆくよう。
ほんの一瞬顔を覗かせた只見線の緑が同化している。
只見線 会津宮下-早戸 HASSELBLAD 201F Sonnar C 150mmF4 T*

« 函館市電100周年(上) トワイライトの駒場車庫   服部一人 | トップページ | ゆずと行く・・夏の河原  伊勢新一郎 »

深川俊一郎」カテゴリの記事

コメント

東北はまだ梅雨が明けていなかったのですね。東京がいち早く明けて猛暑続きだったせいか、すっかり忘れていました。現場に行く大切さを再認識させられました。

山形では痛ましい水害が起きているようで心配です。只見線も土砂崩れで週末一部不通になりました。
来週こそは夏空を期待します。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/559323/57812802

この記事へのトラックバック一覧です: 奥会津より-梅雨明け間近  深川俊一郎:

« 函館市電100周年(上) トワイライトの駒場車庫   服部一人 | トップページ | ゆずと行く・・夏の河原  伊勢新一郎 »

最近のトラックバック

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31