« ゆずと行く・・・9月の雨 | トップページ | 新幹線ランドスケープ  -130923-  太和田光一郎 »

2013年9月21日 (土)

線路端の光景-7  深川俊一郎

列車が去った後には・・・長くゆったりとした時間と空間が流れてゆきます。
そこにはいつも、いずれまたやって来る次の列車の予感があるのです。
線路から付かず離れず、そこにある名もない小さな一瞬を見つけては、ささやかなアルバムの1ページを重ねてゆきます。

13067
海風の道


オホーツク海の冷ややかな湿度を含んだ海風が吹きつける。
海辺ぎりぎりを細い鉄路が辿ってゆく。
釧網本線 北浜 HASSELBLAD 500CM Distagon CF 50mmF4 T*

13067_2
旧駅の灯


軒下に温かな灯がともる頃、名残の夕空はすっかり秋の表情だ。
“駅”を感じる佇まいの駅。
釧網本線 鱒浦 HASSELBLAD 500CM Distagon CF 50mmF4 T*

« ゆずと行く・・・9月の雨 | トップページ | 新幹線ランドスケープ  -130923-  太和田光一郎 »

深川俊一郎」カテゴリの記事

コメント

私はこのシリーズを見たのは初めて。それは私がしたい何かのように見えます。私のブログ来て頂いてありがとう。 http://patandsarah.com/?q=content/nike-air-max-hyperdunk-2010-f1c

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/559323/58154027

この記事へのトラックバック一覧です: 線路端の光景-7  深川俊一郎:

« ゆずと行く・・・9月の雨 | トップページ | 新幹線ランドスケープ  -130923-  太和田光一郎 »

最近のトラックバック

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30