« ゆずと行く・・伊豆急行線  伊勢新一郎 | トップページ | TOKYO RAILWAY  黄昏のとき  太和田光一郎 »

2013年9月11日 (水)

初秋の通学列車  深川俊一郎

気温は高くとも、湿度が少しずつ低くなり、季節は確実に移ろってゆく。
まるで何事もなかったように、涼しい風が吹き始めている。
そういえばあの夏も久しぶりに暑かった。
ちょっと昔の、色あせることのない確かな記憶。


8409
朝風さわやか

朝の列車にいつもの賑いが戻ってくる。
ほのかに色づく稲穂の波に、白いワイシャツが光っていた。
奥羽本線 置賜-糠ノ目 minolta XD MC W.ROKKOR 35mmF1.8 KM

8409_2
風をうけて


放課後の乾いた空気が少し心地よくなった。
からだいっぱいに受けた風で、すっと汗がひいてゆく。

東北本線 日和田-五百川 minolta XD MD TELE ROKKOR 135mmF2.8 KM

« ゆずと行く・・伊豆急行線  伊勢新一郎 | トップページ | TOKYO RAILWAY  黄昏のとき  太和田光一郎 »

深川俊一郎」カテゴリの記事

コメント

深川さま
毎日拝見するのを楽しみにしています。
何年前の作品ですか。ドラマの恋物語のワンシーンのようで素敵な作品ですね。だれもが自身の青春時代を思い返します。次回作も楽しみにしています。

ただただ素晴らしい!

いつもありがとうございます。
季節と想いが遠い記憶を呼び覚ませました。
現在(いま)に交えて、確かに実在したかけがえのない瞬間を、これからも綴ってまいります。

 下田さんがコメントをしてもらったように、
ドラマのワンシーンのようなカットですね! 30年、40年前の日本では、
見ることが出来たような記憶が、それが映画だったのか?
37,8年近く前に、九州の久大線に乗っていた時、駅員の制止を振り切って、
走りだした汽車にホームから飛び乗った女子高校生の記憶が、突然に、
よみがえってきました。   深川さんありがとうございます。


いつもありがとうございます。
そうなんです。客車のデッキという小世界に、なぜこれほど想いが詰まっているのでしょうか…
そしてそれは少しぬるめの風と共に、記憶の彼方に去ってゆきました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/559323/58101782

この記事へのトラックバック一覧です: 初秋の通学列車  深川俊一郎:

« ゆずと行く・・伊豆急行線  伊勢新一郎 | トップページ | TOKYO RAILWAY  黄昏のとき  太和田光一郎 »

最近のトラックバック

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30