« ラショナルシティⅡ(合理的都市)  -131111-  太和田光一郎 | トップページ | 31年前のダージリン・ヒマラヤン鉄道   服部一人 »

2013年11月13日 (水)

遥かなる旅愁-光る秋  深川俊一郎

北海道の秋は短いといわれますが、今年のように紅葉に雪が積もると、まるで秋が冬に追い越されまいと駆けているようです。
いつも思うことですが、風の向きが変わるひとときに、季節は変わり目を迎え、一瞬の輝きを見せてくれるのです。

13075
雪がくる前に

雪がくる前の底抜けの明るさは、電球が切れる前の一瞬の瞬きにも似ている。
深く長い冬がすぐそこにある。
根室本線 金山-東鹿越 HASSELBLAD 201F Tele-Tessar CF 350mmF5.6 T*

130762
雪中紅


根雪に紅が踊っている。
いつでも季節が追いかけっこをしている北国の風に吹かれて・・・
石勝線 トマム-新得 HASSELBLAD 201F Distagon CF 50mmF4 T*

« ラショナルシティⅡ(合理的都市)  -131111-  太和田光一郎 | トップページ | 31年前のダージリン・ヒマラヤン鉄道   服部一人 »

深川俊一郎」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/559323/58489770

この記事へのトラックバック一覧です: 遥かなる旅愁-光る秋  深川俊一郎:

« ラショナルシティⅡ(合理的都市)  -131111-  太和田光一郎 | トップページ | 31年前のダージリン・ヒマラヤン鉄道   服部一人 »

最近のトラックバック

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30