« 新幹線ランドスケープ  -131101-  太和田光一郎 | トップページ | 夜汽車の旅   服部一人 »

2013年11月 3日 (日)

秋風のユジノサハリンスク  深川俊一郎

ロシアサハリン州の州都、ユジノサハリンスクは、かつて日本統治時代の樺太の豊原市です。
建築物にその面影をみることもできますが、駅前にはレーニン像が空を仰ぎ、そこが異国であることを実感させられます。
駅前にキハ58が保存されていると聞き、一目見たくて訪れました。

13070_5


1307051_2


13070_6


13070_7


13070_8
豊原の朝


駅前にはD51やキハ58が大切に保存されている。
朝の踏切渋滞では線路の行く手は踏切番が守っている。
走っている車はほとんどが右ハンドルの日本車だ。
サハリン鉄道 ユジノサハリンスク付近 CONTAX T3 Sonnar 35mmF2.8 T*

« 新幹線ランドスケープ  -131101-  太和田光一郎 | トップページ | 夜汽車の旅   服部一人 »

深川俊一郎」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/559323/58484780

この記事へのトラックバック一覧です: 秋風のユジノサハリンスク  深川俊一郎:

« 新幹線ランドスケープ  -131101-  太和田光一郎 | トップページ | 夜汽車の旅   服部一人 »

最近のトラックバック

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30