« LongDistance -- 131129 --  梅村貴子 | トップページ | LongDistance -- 131203 --  梅村貴子 »

2013年12月 1日 (日)

駅のパースペクティブ   服部一人

_dsf6876

長野電鉄 善光寺下駅

駅の構内やホームに立っていると、非常に遠近感を感じる、または画面の中の消失点を感じることがよくある。撮影のために線路沿いを歩いている時、ふと顔を上げて見ると、レールの向こうの、吸い込まれるような消失点の先には何があるのか、何が続いているのか。想いながら歩いて行く。
鉄道写真にとって、こういうパースペクティブは特有のものなのかもしれない。

_dsf6687
青森駅跨線橋

_dsf6589
タイ エアポートリンク ラームカムへーン駅

FUJI X-E1 17-55/2.8-4


« LongDistance -- 131129 --  梅村貴子 | トップページ | LongDistance -- 131203 --  梅村貴子 »

服部一人」カテゴリの記事

コメント

服部さんの写真って、いつも思うのですが、実にシャープなんですよね。レンズのせいなのか、腕なのかわかりませんが、いつも感心しきりです。

こんにちは。ベッサホイ様。

私は写真の魅力のひとつとして、シャープな写真が好きです。細部のディティールが明確に見えるクリアーな写真が好きです。それは写真の本質的な美点のひとつだと思います。シャープな写真を撮るためには何が必要でしょうか?  それは高くていいシャープなレンズが必要です。なーんてね、嘘です。レンズは非常に大切ですが、いま現行商品で売っているレンズは、安物を除いて粗悪な物はそんなにないと思います。いい物を使うに越したことはないと思いますが、普通のレンズを使っていたとしても、ピントはしっかり合わせる、カメラぶれはしない、という基本的な撮影姿勢を堅持するというのがいいんじゃないかと思います。

私はデジタルで撮った時には、パソコン上でレタッチすることも多いです。それは銀塩時代の暗室作業のようなもので、それなりにウエイトを置きますが、この時、シャープネスはかなり控えめにします。銀塩時代から写真をやってきた者にとって、デジタルになって多少違和感を抱くことのひとつは、シャープネスが不自然に強すぎるということでした。ですから、撮影した時のシャープネスを必要以上に強調しないようにします。そのためには本来素性のいいレンズを使うことは大事です。

宣伝じみていますが、いつも使うマクロプラナー50/2、フジノン17−55/2.8−4 はいいレンズです。デジカメは、毎年新製品でるし、高価な物を買ってもすぐに後継機種がでるとなれば、やるせないです。でもボディに比べれば、レンズは長持ちします。ボディは毎年新製品が出るかもしれませんが、レンスなどはもうすこし長く使える物ではないでしょうか。だから少しコストをかけてもいいのではないかと思います。

まとめますと、そのとき購入できる、そこそこいいレンズを買う。そして撮影の時には、しっかりと構えてブレ、ボケを少なくする、ということですかね。ありきたりの結論ですいません。

あと、フジのX-E1に関しては、RAWで現像するよりJPEGのほうが写真がいいという時もあります。フジの長年フィルムメーカーとしてのキャリアに深い敬意を表しますが、RAW現像の腕を磨いてよりポテンシャルを引き出すように努力します。

シャープネスは、写真の本質的な魅力なんで、これからも持ち味の一つとしてより精進を重ねます。

今後もご愛読よろしくお願いします。

ハットリさま

この場を借りて写真展の案内と近況報告をさせてください。

1:名古屋・呼続のK.Art Studio http://k-artmarket.com/ にて「日帰りのりもの図鑑」をやります。
(12月4日~22日の水~日曜 11~18時)◇サイト内に会場写真あり

最近は図鑑的なものを意識して撮っています。1)資料性がある 2)典型的な日常風景 3)数十年後に活きる あたりを考えます。
今回展示のために、でんしゃ、ヒコーキ、船、バス、ケーブルカーと撮りましたが、被写体への興味の多少にかかわらず写真はどれも楽しい!と実感できたのが一番の収穫でした。このままフリーダムなじじぃを目指します。

2:犬山のキワマリ荘 http://www.kiwamari.net/ にて「モノレールのおもいで」を展示中です。
(期限定めず 金・土・日曜 11~19時)
今月で犬山のモノレールが廃止されて5年になります。廃線跡の整地も終わって、モノレールのない風景も馴染んできたのが不思議です。

三岐鉄道北勢線の連接車200系が三重交通時代の塗分けになりました。4両編成のうち277の1両だけ今のところ黄色のまま残ってますが、この編成のデコボコ感がかえって、昔の軽便鉄道のテイストで大当たりです。

それでは宣伝失礼しました。

うしださん、こんにちは。写真展案内ありがとうございます。ちょうど、今月、両親の墓参りに名古屋に行こうと思っていたので、うしださんの会期中に行って、展覧会を拝見することにします。
日程決まったらお知らせします。都合が合えば、久しぶりにお目にかかりましょう。うしださんのアドレスがわからないので、コメント欄にて失礼します。

ハットリさま

ありがとうございます。呼続のほうは、会期中の土日夕方には、会場にいるようにします。
現在日曜が終日空きで、平日でも夕食にはご一緒できます。予定が決まりましたら、こちらまでご連絡ください。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 駅のパースペクティブ   服部一人:

« LongDistance -- 131129 --  梅村貴子 | トップページ | LongDistance -- 131203 --  梅村貴子 »

最近のトラックバック

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31