« 新幹線ランドスケープ  -140129-  太和田光一郎   | トップページ | LongDistance -- 140202 --  梅村貴子 »

2014年1月31日 (金)

奥会津より-雪時々止む  深川俊一郎

しんしんと降り続く雪の中にいると、時間の感覚がうすぼやけてきます。
ふとした瞬間が静止画のように刻まれるかのようです。
そのうち少しずつ少しずつ視界が開けたかと思うと雪は一息つき、そしてまた降り続くのです。

14005
本降りの朝


列車が到着すると、小止みになっていた雪がまた本降りになってきた。
学校までのわずかな道のりが、少し遠く感じることだろう。
只見線 会津坂下 HASSELBLAD 500CM Sonnar C 150mmF4 T*

12006
視界不良


吹雪が全ての輪郭を消してゆく
列車は視界から消える寸前だ。
只見線 会津坂本-会津柳津 HASSELBLAD 201F Distagon CF 50mmF4 T*

14010
閉ざされた踏切


うっすら青色に染まってきた雪面の向こうで踏切が鳴っている。
何を謳い、誰に問いかけているのだろうか・・・
只見線 上条-越後須原 HASSELBLAD 500CM Sonnar C 150mmF4 T*

« 新幹線ランドスケープ  -140129-  太和田光一郎   | トップページ | LongDistance -- 140202 --  梅村貴子 »

深川俊一郎」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/559323/59033200

この記事へのトラックバック一覧です: 奥会津より-雪時々止む  深川俊一郎:

« 新幹線ランドスケープ  -140129-  太和田光一郎   | トップページ | LongDistance -- 140202 --  梅村貴子 »

最近のトラックバック

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31