« 大雪の週末   服部一人 | トップページ | 新幹線ランドスケープ  -140220-  太和田光一郎 »

2014年2月18日 (火)

遥かなる旅愁-極寒模様-1  深川俊一郎

東京に45年ぶりの大雪が降ったその日、北海道の内陸部ではマイナス25℃の朝を迎えました。
緩やかに高気圧に覆われましたが、放射冷却で張り詰めたように冷え込んだのです。
北海道の厳冬期は「寒い」というよりは、呼吸するだけで「痛い」という表現が適しています。そこには人を寄せ付けない厳しさ故の美しさがあるのです。

14011
氷晶の大地


澄んだ濃い青空に霧氷が光っている。
列車が巻き上げる雪煙はゆっくりと舞っている。
石勝線 沼ノ沢-南清水沢 HASSELBLAD 500CM Distagon CF 50mmF4 T*

14011_2
白い峠道


ゆるやかなS字カーブをゆっくりと列車が辿ってくる。
迎えるように雲の端から陽が差してきた。
石勝線 清水沢-鹿ノ谷 HASSELBLAD 500CM Sonnar C 150mmF4 T*

14014
白煙残る


宵闇迫る原野に踏切の灯が瞬く。
列車が去った後に名残の小さな白煙が舞っていた。
根室本線 幾寅-落合 HASSELBLAD 500CM Distagon CF 50mmF4 T*

« 大雪の週末   服部一人 | トップページ | 新幹線ランドスケープ  -140220-  太和田光一郎 »

深川俊一郎」カテゴリの記事

コメント

青がたまりません。

ご覧いただきありがとうございます。極寒の色彩に恵まれました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/559323/59152969

この記事へのトラックバック一覧です: 遥かなる旅愁-極寒模様-1  深川俊一郎:

« 大雪の週末   服部一人 | トップページ | 新幹線ランドスケープ  -140220-  太和田光一郎 »

最近のトラックバック

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31