« 甘い香りとともに-小湊鉄道  深川俊一郎 | トップページ | LongDistance -- 140417 --  梅村貴子 »

2014年4月15日 (火)

TGVランドスケープ Vol.1  太和田光一郎

      TGVランドスケープ Gare de Lyon⇒Perpignan

Pmd_1850k__2 3月22日にUPした記事 『南フランス・ポール・モーリア氏のもとへ・・・』 に引き続き、ペルピニャンまで乗車したTGVの車窓風景をご覧いただきたい。めまぐるしく変化する景色に魅了された5時間弱の旅だった。

早朝のリヨン駅。7:15発のバルセロナ行に乗車(上から写真1)。パリの街は小さい。10分も走れば北海道を思わせる原野が車窓いっぱいに広がる。

大地はまだ月明かりに照らされている(写真2)。 8:00すぎ霧の中、ようやく太陽が顔をのぞかせる(写真3)。

Pmd_1968k_

Pmd_2045k_

Pmd_2123k_

Pmd_2133k_

Pmd_2134k_

Pmd_2202k_

デイジョン方面への分岐点Pmd_2208k66_写真5)。 TGVとのすれ違いを、秒5コマで連写したら偶然撮れてしまった1枚(写真6)。 

ニーム駅(Nimes)の近くにある扇形庫(写真7)。 3時間近くノンストップ、最初の停車駅のニーム駅。次の停車駅はモンペリエ(写真8)。

Pmd_2288k_

Pmd_2420k_

Pmd_2434k_

Pmd_2438k_

Pmd_2441k_ ナルボンヌを過ぎてしばらくすると、左手に湿地帯が広がる。海岸の遥か向こうにはポール・モーリア氏の生まれ故郷のマルセイユがある(写真11)。 右側にカニグー山が見えてきたら、ポール氏が眠るペルピニャンに到着だ(写真上)。 線路のすぐ脇にあるペルピニャン空港(写真左)。

撮影:2014.2.17 Nikon Df   16-35mm   24-70mm   70-200mm

« 甘い香りとともに-小湊鉄道  深川俊一郎 | トップページ | LongDistance -- 140417 --  梅村貴子 »

太和田光一郎」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: TGVランドスケープ Vol.1  太和田光一郎:

« 甘い香りとともに-小湊鉄道  深川俊一郎 | トップページ | LongDistance -- 140417 --  梅村貴子 »

最近のトラックバック

2021年12月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31