« LongDistance -- 140527 --  梅村貴子 | トップページ | ☆☆☆☆☆ 予告! 開設2周年記念企画 ☆☆☆☆☆ »

2014年5月29日 (木)

ウェールズの小さな鉄道 5 フェスティ二オグ鉄道(下)   服部一人

2013_10_11__0399
薄暗いボストンロッジの庫内でたたずむ蒸気機関車たち。静かに吐き出された蒸気が車体を包むようにただよう。


                            Mapukcountry_2                 ウェールズ地方とフェスティ二オグ鉄道

Photo
            ポートマドック駅とボストンロッジ周辺の路線概念図。


ボストンロッジと夜の撮影会

フェスティ二オグ鉄道にはボストンロッジワークスという工場があります。ちょうど始発駅のポートマドックから入り江の堤防を渡ったところに扇状に広がる施設です。ここは全英の保存鉄道の中でも有数のもので、もはや単に機関庫とはいえない規模と能力を持っています。フェスティ二オグ鉄道のみならず、接続するウエルシュ・ハイランド鉄道の車両も含めた保守整備をはじめとして、機関車を新製するほどの技術があります。

この鉄道を支える要となる大工場であり、フェスティ二オグ鉄道が保存鉄道として復活した1955年に最初に開通したのも、ポートマドックからこのボストンロッジまででした。当時は駅があったのですが、現在は小さなホームは残るものの、通常の列車はこの駅に停まらず通過します。


2013_10_11__0517

現在のボストンロッジワークスのようす。いちばん左の線路はブラウナウ・フェスティ二オグに続く本線。

2013_10_13__0421 イベント中は普段は動かぬ汽車にも火が入って、ボストンロッジワークスは一段と活気があふれる。



このボストンロッジ駅に隣接したところにフェスティ二オグ鉄道が最初に開通した19世紀に建てられた、初代のボストンロッジ機関庫が現存します。石造りの小ぶりな2線の機関庫です。今回のイベント中、この古い機関庫を使って夜間の撮影会が開かれました。参加希望者は撮影会用の特別な料金を払ってチケットを買います。

案内された機関庫の中は狭いながらも石造りの重厚な雰囲気があり、木造のりっぱな梁が目を引きます。撮影会は日暮れとともに始まり、3時間ほど開催されました。入れ替わり立ち替わり集まったファンは5、60人以上はいたと思います。特段ロープなどで規制しているわけではないですが、ほとんどのファンは互いに邪魔にならないように静かに粛々と撮影しているという印象でした。

古い機関庫という格好のステージを背景に、オールドタイマーたちを撮影して、とても思い出深い一夜となりました。


2013_10_11__0441

右側の2線車庫がオリジナルのボストンロッジ機関庫です。現在は普段は使われていません。

2013_10_11__0450
撮影会のボストンロッジ機関庫までは、ポートマドックから特別列車のシャトルトレインに乗って移動します。前後にリンダとブランシェが連結されたプッシュプルトレインで、すでに撮影会に行く前から気分が盛り上がります。

2013_10_11__0420
撮影会の途中で行われたコスプレのサービス。19世紀当時の衣装に身を包んだ運転手や鉄道スタッフが汽車の横でポーズをとります。日本では画面の中に人物が入ることが嫌われる傾向が強いですが、見ているとけっこうまわりのカメラマンは熱心にシャッターを押してました。

2013_10_11__0431
これがイギリスの鉄の人々です。若い人もいますが、全般に年齢層はやや高めでしょうか。洋の東西を問わず、ファンやマニアが発するオーラは十分感じるので、皆さん熱心な方々だと推察しますが、日本と比べると軽装備です。自分は背負うカメラバッグにカメラ2台をぶら下げ、ジッツオの三脚を持って参加しましたが、そんな姿が目立ってしまうほど、物々しい重装備のファンはごく少数派です。


2013_10_13__0440
イベントの最終日、最後の特別列車がポートマドックに向かって出発していく。次第に夕闇が迫る駅で、車内の電灯の光が心に残った。   ミンフォード駅にて



CANON EOS 5DMkⅡ, 60D, EF70-200/2.8L, 17-40/4L, EF Macro100/2.8L, Makro-Planar50/2, Distagon35/2


« LongDistance -- 140527 --  梅村貴子 | トップページ | ☆☆☆☆☆ 予告! 開設2周年記念企画 ☆☆☆☆☆ »

服部一人」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« LongDistance -- 140527 --  梅村貴子 | トップページ | ☆☆☆☆☆ 予告! 開設2周年記念企画 ☆☆☆☆☆ »

最近のトラックバック

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30