« ゆずと行く・・鉄道の見える公園  伊勢新一郎 | トップページ | 祝50周年 東海道新幹線ランドスケープ -140515- 太和田光一郎 »

2014年5月13日 (火)

奥会津より-線路脇の春風  深川俊一郎

会津盆地から奥会津を経て越後平野に下ってゆく只見線は、その道中、半月ほどの季節の変化が楽しめます。
鶴ヶ城が既に葉桜になり、柳津が落花盛んな頃、只見ではまだ桜が満開、越後の山里ではフキノトウが芽を出しているのです。

14036
春の足音


レールを縁取る線路脇には沢山の春が詰まっている。
そこには去っていった列車の余韻がまだ残っている。
只見線 入広瀬-上条 HASSELBLAD 201F Planar CF 80mmF2.8 T*

14036_2
清らかに


雪が解けた後は季節の変化がめまぐるしい。
田んぼに水が張られると、一気に緑の季節へと進んでゆく。
只見線 入広瀬-上条 HASSELBLAD 201F Distagon CF 50mmF4 T*

140372
遠い春


列車が来なくなって3度目の春がきた。
忘れ去られたような空間にも季節はめぐりくる。
只見線 会津蒲生 HASSELBLAD 201F Distagon CF 50mmF4 T*

« ゆずと行く・・鉄道の見える公園  伊勢新一郎 | トップページ | 祝50周年 東海道新幹線ランドスケープ -140515- 太和田光一郎 »

深川俊一郎」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/559323/59633399

この記事へのトラックバック一覧です: 奥会津より-線路脇の春風  深川俊一郎:

« ゆずと行く・・鉄道の見える公園  伊勢新一郎 | トップページ | 祝50周年 東海道新幹線ランドスケープ -140515- 太和田光一郎 »

最近のトラックバック

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30