« LongDistance -- 140725 SSC --  梅村貴子 | トップページ | ゆずと行く・・曇り空  伊勢新一郎 »

2014年7月27日 (日)

奥会津より―夏が来れば・・・  深川俊一郎

もうすぐ7月30日が来ます。あの新潟・福島豪雨からはや3年、只見線の会津川口と只見の間は、未だにレールが錆びつき、3か所の鉄橋は流失したままです。
そして列車が来なくなって3回目の夏がやってきました。今回は復旧への思いを込めて、在りし日の光景をご覧いただきます。
夏は想い出の季節・・・甘酸っぱく切ないあの時が、少し色褪せてよみがえってきます。

01041
水の郷の夏


歓声が川面を滑るように響いてゆく。
あの夏休みは子供たちにとって宝物のように輝いていただろう。
只見線 会津蒲生-只見 CONTAX RTSⅢ Distagon 25mmF2.8 T* KM

01035
ひと夏の記憶


線路脇の草木が手に届くように窓辺を流れてゆく。
あの夏休みは二人にとってどのように記憶されていることだろう。
只見線 車内 CONTAX S2b Distagon 25mmF2.8 T* KM

01043
姉弟の夏

「姉です」「弟です」といいながら少しはにかんでいた姉弟、そういえば少し似ているかなとぼんやり思った。
あの夏休みは彼らにとってどんな想い出が詰まっているのだろうか。
只見線 会津蒲生-只見 CONTAX RTSⅢ Distagon 25mmF2.8 T* KM

« LongDistance -- 140725 SSC --  梅村貴子 | トップページ | ゆずと行く・・曇り空  伊勢新一郎 »

深川俊一郎」カテゴリの記事

コメント

深川さん、三枚目の組み写真が実にいい感じです。予想を裏切る展開のカットです。
好きですね!

岩松様、いつもご覧いただきありがとうございます。
二人ずつの人物配置を意識したわけではないのですが、夏を飛び回るような展開を楽しみました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/559323/60021321

この記事へのトラックバック一覧です: 奥会津より―夏が来れば・・・  深川俊一郎:

« LongDistance -- 140725 SSC --  梅村貴子 | トップページ | ゆずと行く・・曇り空  伊勢新一郎 »

最近のトラックバック

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31