« 夏の終わりの終着駅  北陸鉄道 加賀一の宮   服部一人 | トップページ | 路面電車紀行-残暑の函館市電②  深川俊一郎 »

2014年9月13日 (土)

路面電車紀行-残暑の函館市電①  深川俊一郎

北方志向が強い私は、その昔青函連絡船で函館に上陸すると、一刻も早く道東や道北の荒涼とした北海道らしい光景を求めて、列車に乗り込んだものです。
今まで何度となく(30回位までは数えていたのですが、たぶん100回近い?)北海道を訪れましたが、恥ずかしながら、函館に降り立って市電を撮ったのは初めてなのです。
昨年の服部さんの作品と記事に触発されたのも正直なところです。先日只見線を訪れていただいたので、その嬉しさも込めて・・・
精力的に撮られている服部さんには及びませんが、メンバーが気軽にそれぞれの視点で同じ路線を表現できるのも、ブログの楽しみといえるかもしれません。

14063
名残の夏服


旧型車から降りてきた通学生たちのワイシャツが眩しい。
少し古いけど、愛着を感じてもらえているだろうか・・・
函館市電 杉並町 HASSELBLAD 201F Distagon CF 50mmF4 T*

14054
潮風の坂道


八幡坂を登ると、懐かしい摩周丸がよく見えた。
今は観光施設として第二の人生を送っているが、市電は現役で走っているのが嬉しい。
函館市電 十字街-末広町 HASSELBLAD 201F Sonnar C 250mmF5.6 T*

14055
市電がいる散歩道


静かな午後の海峡通りは、散歩していて気持ちがいい。
疲れたら市電に乗ればいい。
函館市電 末広町-大町 HASSELBLAD 201F Distagon CF 50mmF4 T*

« 夏の終わりの終着駅  北陸鉄道 加賀一の宮   服部一人 | トップページ | 路面電車紀行-残暑の函館市電②  深川俊一郎 »

深川俊一郎」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/559323/60305328

この記事へのトラックバック一覧です: 路面電車紀行-残暑の函館市電①  深川俊一郎:

« 夏の終わりの終着駅  北陸鉄道 加賀一の宮   服部一人 | トップページ | 路面電車紀行-残暑の函館市電②  深川俊一郎 »

最近のトラックバック

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31