« 有軌電車のある街-7  深川俊一郎 | トップページ | ゆずと行く・・わ鉄の秋  伊勢新一郎 »

2014年11月26日 (水)

祝50周年 東海道新幹線  汐留  太和田光一郎

         *** 50th Anniversary Special Edition ***

19881103_mono132_80200_f4l_

東海道新幹線の東京口沿線で激変した場所と言えば、ここ汐留があげられよう。現在は、超高層ビル群が林立しているが、とにかく当時の面影がほとんど残っていないと言っていい。

広大なヤードにはたくさんの貨車がいて、品川機関区のDD13が入れ換え作業で活躍していた。また、定期運用で浜松や米原のPmd_3835k_ゴハチが、急行荷物列車を牽引して毎日乗り入れていたのだから、夢のような時代である。

現在、再開発真っ只中の品川周辺も、きっとこんな感じになるのだろう。

1988.11.3 解体が進む汐留駅を横目に0系が通過する。(写真上) Canon F-1  FD80-200mm F4L  KRImg043k__3

2014.7.30 浜松町貿易センタービルからの眺め。(写真右上) Nikon Df  70-200mm F4 

1984.3.21 汐留で出発を待つ、もうすぐお別れの荷31レ。末期まで、原形小窓、原形フィルタ姿だった宮原区の146号機。まるで生き物のようなSGがたまらない。(写真右下) Canon F-1  FD200mm F2.8  PX     Vol.524

« 有軌電車のある街-7  深川俊一郎 | トップページ | ゆずと行く・・わ鉄の秋  伊勢新一郎 »

太和田光一郎」カテゴリの記事

コメント

ゴハチ146号機、私も大好きでした。
フィルターがヨロイに改造されず、ワイパーも
原型。情けない写真しか撮れていないのが残念
でなりません。

25‰ さん、そうでしたか。
私はゴハチ146号機とは縁が薄く、この時が最初で最後。美人でしたよね。昭和59年に入ってからの急荷は黒Hゴム窓の158号機がよく使われていて、閉口しました。(笑)
職場が近くなので、昼休みに抜け出して芝浦あたりで荷33レをよく撮りに行ったのが楽しい思い出となっています。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 祝50周年 東海道新幹線  汐留  太和田光一郎:

« 有軌電車のある街-7  深川俊一郎 | トップページ | ゆずと行く・・わ鉄の秋  伊勢新一郎 »

最近のトラックバック

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30