« 2014年10月 | トップページ | 2014年12月 »

2014年11月

2014年11月30日 (日)

小雨そぼふる 名残のもみじ   箱根登山鉄道   服部一人

2014_11_28__0037
力強いモーターの音とともに大平台に進入する本命103+107。

前回はあじさいの季節だった。(こちら→http://blog.rail-on.com/2014/07/post-fa4b.html ) その時から、次は紅葉と決めていた。沿線は盛りは過ぎたが、それでもまだじゅうぶんに見応えのある紅葉が残っていた。落葉の多いこの季節には、小雨や霧雨がしっとりとしていい感じなので狙って行った。というのは嘘で、実は休みを工面して撮影に出かけた日があいにくの悪天候だっただけなのだが、でも、まぁ悪くなかったですよ….。負け惜しみっぽいですけど。

今回はスイッチバックの大平台に下車。駅のまわりで少し撮影したあとは上大平台信号場に向かって撮影しながら歩く。住宅の合間を縫って細い道があり、これが線路と交差するところ、警報器のない小さな踏切がいくつかある。うっすらと湯気がただよっているあたり、いかにも温泉街らしい風情がある。

今回も撮影に気合いが入るのはモハ1型。特に吊り掛けが残る103+107が何といってもお目当て。この日は平日だったが、紅葉シーズンで多客対応のため108を連結して3両運転だった。最近は写真とともにビデオを撮ることが多いのだが、あとで動画を再生すると勾配を登っていく吊り掛けモーターのうなる音が何ともしびれました。写真もいいけど、鉄道の動画はまた別のリアルな魅力があって、こちらもやめられません。


2014_11_28__0106

電車の朱色と赤信号と紅葉がいい組み合わせで似合ってます。

2014_11_28__0112_3                                線路の上にも落葉がいろどりを添えてます。

2014_11_28__02372

2014_11_28__0295
晩秋の日没は早いです。夕闇迫る信号場に静かにモハ2が進入したのを見届けて本日の撮影は終了。満足しました。


記事をアップしていて思いましたが、一昨日の伊勢氏の「わ鉄の秋」とは、同じ紅葉をモチーフにしながらテイストの全然違う対照的な写真ですね。かたや、これぞ錦秋という見事なあでやかさですが、こなた、私の写真は我ながら地味で暗くてジメジメしてます。まぁ場所も天気も全然別だから比べても仕方ないけど、きっと作風の違いということも大きいんでしょうね。いつも彩度のたりない写真ばかりですいません。

2014_11_28__0150
モハ1やモハ2など、古いものばかりについ目がいきますが、今度新しく入った3000型も斬新なデザインでカッコイイです.ガラス窓が広くて景色がよく見えることでしょう。


Canon EOS 60D, EFMacro100/2.8L, EF17-40/4L,                                VOL526

2014年11月28日 (金)

ゆずと行く・・わ鉄の秋  伊勢新一郎

011kan

0211kan

041kan
042kan
053yukan

062kan_2             LumixTZ40,GX1
            

                              ・

                            OMAKE

07om12kan1
08omkan

09yu1kan1
                                                            ・

                          VOL.525

2014年11月26日 (水)

祝50周年 東海道新幹線  汐留  太和田光一郎

         *** 50th Anniversary Special Edition ***

19881103_mono132_80200_f4l_

東海道新幹線の東京口沿線で激変した場所と言えば、ここ汐留があげられよう。現在は、超高層ビル群が林立しているが、とにかく当時の面影がほとんど残っていないと言っていい。

広大なヤードにはたくさんの貨車がいて、品川機関区のDD13が入れ換え作業で活躍していた。また、定期運用で浜松や米原のPmd_3835k_ゴハチが、急行荷物列車を牽引して毎日乗り入れていたのだから、夢のような時代である。

現在、再開発真っ只中の品川周辺も、きっとこんな感じになるのだろう。

1988.11.3 解体が進む汐留駅を横目に0系が通過する。(写真上) Canon F-1  FD80-200mm F4L  KRImg043k__3

2014.7.30 浜松町貿易センタービルからの眺め。(写真右上) Nikon Df  70-200mm F4 

1984.3.21 汐留で出発を待つ、もうすぐお別れの荷31レ。末期まで、原形小窓、原形フィルタ姿だった宮原区の146号機。まるで生き物のようなSGがたまらない。(写真右下) Canon F-1  FD200mm F2.8  PX     Vol.524

続きを読む "祝50周年 東海道新幹線  汐留  太和田光一郎" »

2014年11月24日 (月)

有軌電車のある街-7  深川俊一郎

たった1元(現在おおよそ20円)で気軽にどこまでも・・・
大連市電は、夜明け前から深夜まで一日20時間以上走り続ける庶民の足なのです。

14077
お先に失礼


街中では一日中クラクションが鳴り響き、絶対的に車優先だ。
それなのに市電が歩行者に道を譲るのは、なぜかホッとする。
大連市電 車内 HASSELBLAD 500CM Sonnar C 150mmF4 T*

14077_2
交差点にて


レールのある交差点では車も歩行者も動きが複雑になり、市電の存在感が大きい。
大連の街並みは、和洋中織り混ざった風情が漂う。
大連市電 民主広場 HASSELBLAD 500CM Distagon CF 50mmF4 T*

14077_3
街の顔


こうして見ると、道路の一等地を市電は走っている。
石畳と架線が街のデザインとして定着している。
大連市電 民主広場 HASSELBLAD 500CM Sonnar C 150mmF4 T*

Vol.523

2014年11月22日 (土)

LongDistance -- 141122 SAF --  梅村貴子

_________________ 静かな蒼い冬 

141122_001ok

141122_002ok

141122_003ok

天気予報に雪のマークが見られるようになってきました。

冬が始まります。

今年も良い冬でありますように。

JR北海道 石北本線 生野駅 ・ 宗谷本線 歌内-天塩中川 
Canon EOS 5DMarkll / 6D ・ EF17-40mm F4L               
Vol.522

2014年11月20日 (木)

レトロ電車  富山地方鉄道市内軌道線   服部一人

_khp67193
RAW現像の時にちょいと彩度とコントラストを落として、昔の写真風にしました。子供の頃、家の近くの電車道をいつも走っていた路面電車といった感じの雰囲気です。

北陸に行ったら、ぜひこれも見ておきたいものの1つだったレトロ電車。ここには7018という旧塗装の電車もいて(こちら→http://blog.rail-on.com/2014/01/7018-25ee.html )いい味わいなのだが、このレトロ電車も凛々しいツートンでなかなかいい感じです。

富山はトラムが元気な町なので、市民に電車が親しまれるこういう企画は大賛成! これでまた富山に来る楽しみが1つ増えました。

2014_10_01__0059
2014_10_01__0093

2014_10_01__0195

2014_10_01__0181b

富山地方鉄道市内軌道線 富山駅前付近

Canon EOS5DMkⅡ,  EF70-200/2.8L, Distagon35/2,  FUJI X-E1 FIJINON XF18-55/2.8-4   VOL521


2014年11月18日 (火)

ゆずと行く・・八高線の秋  伊勢新一郎

1a11kan

2a1kan
3a12kan

4ab11kan
5av11kan
LumixGX1、TZ40 

 

                           ・

                         OMAKE

6sd1234kan
7sd12345kan
8sd3333kan_21

                            ・

                          Vol.520

2014年11月16日 (日)

祝50周年 東海道新幹線ランドスケープ  -141116- 太和田光一郎

   TOKYO⇔SHIN-OSAKA Vol.12

Pmd_4596kt_

Pmd_3293kt_

Pmd_5445kt_

Pmd_1519k_

Pmd_3831kt_

Pmd_0140kt_

Pmd_4490kt_

Pmd_4496k_

Pmd_2260kt_

Pmd_4140kt_

私が初めて東海道新幹線に乗ったのは、昭和50年。中一の夏休みクラスメイトのY君と三島-函南間へ人気のブルートレインを撮りに行った時だった。

生まれて初めて体験する時速210Km。興奮しながら飛ぶように流れる車窓の景色を、夢中になって撮影したことを憶えている。

どうやら私の新幹線ランドスケープは、この時が原点なのかもしれない。

① 2014.10.18  東海道新幹線 新横浜-小田原間 

② 2014.10.11         〃      米原付近    

③ 2012.12.1          〃      名古屋-三河安城間

④ 2013.11.23         〃        新横浜-小田原間   

⑤ 2013.11.30         〃         浜松-豊橋間   

⑥ 2014.7.5            〃        品川-新横浜間

⑦ 2014.10.18          〃                  〃

⑧     〃                 〃                  〃

⑨ 2014.1.26         〃          新大阪-京都間

⑩ 2014.10.6           〃       品川-東京間

Nikon D4   Df   24-70mm F2.8   70-200mm F4                                  Vol.519

2014年11月14日 (金)

有軌電車のある街-6  深川俊一郎

久しぶりの大連市電です。この中国の大都市は、東京に負けず劣らず気がつくとビルが建ち、街並みがじわじわと変化しています。
クラクションと甲高い話し声・・・喧騒の渦に身を置いていると、ときおり重々しい吊り掛けモーターの音にハッと振り返ります。
嬉しことに市電は変わっていませんでした。

14075
寝起きの街


大連駅前の広々とした空間は旅愁をそそられる。
夜明けから深夜まで常に人波は途切れず、市電が走り続ける。
大連市電 大連火車站 HASSELBLAD 500CM Distagon CF 50mmF4 T*

14077
喧騒の駅


上野駅をモデルにした大連駅はどこか懐かしさを感じてしまう。
喧騒の光景に市電は不可欠だ。
大連市電 大連火車站 HASSELBLAD 500CM Sonnar C 150mmF4 T*

14077_2
到着


道路と線路の狭間のホームはいつもあふれかえっている。
中心の駅は老若男女様々な人々でごった返す。
大連市電 大連火車站 HASSELBLAD 500CM Sonnar C 150mmF4 T*

14076
駅前広場の構図


ダイヤがそうなっているのか分からないが、大連駅前は電車がよくすれ違う。
エンジとモスグリーン、どちらも渋くていい色だ。
大連市電 大連火車站 HASSELBLAD 500CM Sonnar C 150mmF4 T*

Vol.518

2014年11月12日 (水)

LongDistance -- 141112 KGY --  梅村貴子

 _______________    KAGAYAKU    

141112_001

141112_002_2

141112_003JR北海道 石北本線 上白滝-白滝 ・ 上白滝駅

___________________-*-*-*-*-*-*-*-*-    OMAKE     -*-*-*-*-*-*-*-*-

たくさんある好きな駅の中でも、上白滝駅は上位にランクインする大好きな駅です。

141112_004_2

1日の停車本数が上下の朝夕1本ずつ。
いつ訪れても静かで誰かにお会いしたこともありませんが、いるだけで不思議と気持ちが落ち着きます。

隣の上川駅までは34キロ、普通列車の所要時間1時間ちょっと・・・。

141112_005

141112_006_2

141112_007_2

141112_008_2

17時08分

一日1本の上り列車到着

乗降客はゼロ・・・でも、車内と駅の空気が静かに入れ替わりました________________________________

______________________

_____________

______

141112_009_4

Canon EOS 6D 17-40mm / OLYMPUS OM-D EM-1 12-40mm・45-175mm  Vol.517

2014年11月10日 (月)

会津への旅 みたび 只見線のC11   服部一人

2014_11_04_c11_0010
                                                    早戸

去る8月、只見線にフジのX-E1だけ持って乗り鉄に行ってきた。(こちら→http://blog.rail-on.com/2014/08/4fuji-x-e1-bd62.html
そして9月、磐越西線のC57とからめてふたたび訪れた。(こちら→http://blog.rail-on.com/2014/09/post-9090.html
今回はいよいよ本命、C11である。運転日の11月8、9日は所用があって行けないので、練習運転をちょっと見に行ってきた。

朝方、会津盆地はうっすらと霧がかかっていた。予報ではまずまずいい天気になるはずだが、会津若松を出るときには風景全体が白っぽい感じだった。盆地内での撮影をやめて奥会津へと向かう。途中いろいろロケハンしつつ、早戸まで来た。少し陽が差すようになったが、雲が多く光線の移り変わりが激しい。

駅の近くで三脚を立て、ビデオカメラを2台セットする。メインは写真だが、3、4年ほど前から鉄道でもよくビデオを撮るようになった。動いて音が出るというのは、また写真と違った楽しみがある。特に蒸気機関車の場合はなおさら動画向きだ。遠くで汽笛の音がして峡谷にこだました。腹に響くようないい音だね。

音声のレベルメーターを確認して、あとは回しっぱなしにして、その場を離れる。写真用のイオス1台持って別の場所から狙う。ほどなくして渋い旧型客車3両を引いたC11が目の前を通過する。紅葉の山にうっすらと陽光がさす。僕は只見線のSL現役時代を知らないが、おそらくその頃と変わりない風景と列車だ。

会津は四季、いずれも美しいけど、やはり秋は格別ですかね。

2014_11_06_c11_0029
2014_11_04_c11_0023
                     会津西方〜会津宮下

2014_11_06_c11_0048                                    塔寺〜会津坂本

2014_11_06_c11_0060
                                                 根岸

2014_11_06_c11_0053 七折峠のトンネルは上り勾配のサミットになっていて、小さなC11は懸命に登ってくる。列車がトンエルを出て通過したあとも、こうして5分間くらいはトンネルの出口から煙が立ち上っていた。 力行のあとを示す名残の煙だ。

2014_11_06__0004 上りと下りの撮影のあいまに見に行った、昭和村喰丸地区にある見事な大銀杏。約25年前に廃校になった小学校の校庭に立っています。少し痛んでいるけれど木造校舎も健在です。校舎は築約105年、銀杏は樹齢約100年だそうです。
只見線に出かけると、つい鉄道ばかり撮ってしまいますが、奥会津は美しいところがいっぱいあります。これからは鉄道以外にもいろいろ見て歩きたいと思います。

Canon EOS5DMkⅡ,  EF70-200/2.8L, Distagon35/2, Makro-Planar50/2       VOL516

2014年11月 8日 (土)

ゆずと行く・・コスモス畑  伊勢新一郎

1ks11kan
2kh125kan
3kh33312kan

4ks1235kan_2
Lumix GX1,TZ40   VOL 515

2014年11月 6日 (木)

祝50周年 東海道新幹線ランドスケープ  -141106- 太和田光一郎

                    TOKYO⇔SHIN-OSAKA Vol.11

Pmd_3301kt_

Pmd_2807k66_

Pmd_1123k66_

Pmd_3118kt_

Pmd_3204kt_

Pmd_3159kt_

滅多にお目にかかれない御殿場線(国府津電車区回送線)に列車が・・・。今日のランドスケープは、幸先が良さそうです。

① 2014.10.11  東海道新幹線  米原-京都間

② 2014.9.21         〃         新横浜-小田原間

③ 2014.9.6          〃                   〃          

④ 2014.9.21         〃           三河安城-名古屋間

⑤     〃             〃             米原-京都間

⑥     〃             〃            岐阜羽島-米原間                

Nikon D4    70-200mm F4                                              Vol.514

2014年11月 4日 (火)

遥かなる旅愁-冷たい秋-3  深川俊一郎

儚さ故の美しさ・・・季節の狭間に一瞬の輝きを見せる北海道の秋。
早い雲の流れが紺碧のスクリーンを厚くなぞり、季節を塗り替えてゆくのです。

14070
秋色陰影


雲の切れ間からスポットライトのように陽がさしては消えてゆく。
その早い動きで目まぐるしく大地の表情が変化する。
根室本線 金山-東鹿越 HASSELBLAD 201F  Tele-Tessar CF 350mmF5.6 T*

14074
紺碧のスクリーン


珍しく雲一つないまさに紺碧の空である。
厚塗りした油絵のような紅葉の木々の中で、直線的に流れる列車が印象的だ。
石勝線 占冠-トマム HASSELBLAD 201F Distagon CF 50mmF4 T*

14071
秋の舞


広々とした信号所はいかにも北海道の幹線らしい。
風と共に去っていく列車の後に、名残の落ち葉が光っていた。
石勝線 トマム-新得 HASSELBLAD 201F Tele-Tessar CF 350mmF5.6 T*

Vol.513

2014年11月 2日 (日)

LongDistance -- 141102 ASC --  梅村貴子

________ Night of autumn  Stripe Colors By あさま画伯  

141102_001

141102_002

141102_003_2

141102_004

141102_005

あずさ画伯(7/25)、スペーシア画伯(8/16)に続きまして あさま画伯にご登場いただきました。

JR東日本 長野新幹線 / 高崎-大宮 ・ 大宮-上野 ・ 上野st
Sony Cyber-shot RX100      vol.512

« 2014年10月 | トップページ | 2014年12月 »

最近のトラックバック

2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31