« ゆずと行く・・冬の舎人公園  伊勢新一郎 | トップページ | 東海道新幹線ランドスケープ  -150125- 太和田光一郎 »

2015年1月23日 (金)

キハ222がいた風景  深川俊一郎

抜けるようなコバルトブルーの空が広がった12月に、ひたちなか海浜鉄道のキハ222が引退しました。
私より年上の昭和37年生まれ。北海道から渡ってきた、私にとっては懐かしい形でした。


14087


13093


13093_2


14087_2


14088


14088_2
木枯しと共に


紺とクリーム色の塗装には、冬空がとてもよく似合っていた。爽やかでありながら、温かい色だ。
1両の姿がのんびりしていて好きだったが、時には黄色に赤線のキハ2004とのコンビネーションで、これもまた良かった。
キハ222は引退しても、まだまだ他の旧型車がのんびりした田園風景を走るひたちなか海浜鉄道は、とても魅力的だ。

HASSELBLAD 201F Distagon CF 50mmF4 T*・Tele-Tessar CF 350mmF5.6 T*

Vol.559

« ゆずと行く・・冬の舎人公園  伊勢新一郎 | トップページ | 東海道新幹線ランドスケープ  -150125- 太和田光一郎 »

深川俊一郎」カテゴリの記事

コメント

深川サンの写真見てると、ブローニーが
欲しくなって困りますね、いかんいかん

いつもご覧いただきありがとうございます。
いま時は、もしかしたらこの不便さが贅沢なのかもしれませんね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/559323/61011422

この記事へのトラックバック一覧です: キハ222がいた風景  深川俊一郎:

« ゆずと行く・・冬の舎人公園  伊勢新一郎 | トップページ | 東海道新幹線ランドスケープ  -150125- 太和田光一郎 »

最近のトラックバック

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30