« LongDistance -- 150127 Snowy Blue --  梅村貴子 | トップページ | ゆずと行く・・僕だけを残して  伊勢新一郎 »

2015年1月29日 (木)

駅チカの昭和風情 4 雨にけぶる門司港   服部一人

_khp2148門司港駅の長大なホームはかつての大ターミナル駅の証。今は静かな門司港駅だが、連絡船があった頃の人々の往来はどれほどのものだったろう。

いわずと知れた門司港である。
わざわざ「駅チカの……」などとことわらなくても、駅から何から、もう町全体昭和風情だらけである。いや、昭和以前の大正明治風情まである。さすが門司港レトロと言って売り物にしているだけある。どこをどう撮ってもシブい写真になってしまう。

ましてこの日は雨がしとしと降るような一日だったので、いやがうえにも気分は盛り上がり、わびさび度が増して感じられた。月並みな言い方だが、町のあちこちに哀愁と懐かしさが巣くっている。こういう町の雰囲気は簡単にできるものではない。往時の繁栄がいかに華やかなればこそ、いっそう今の枯れた風情が際立つというものだ。

_khp2150

重要文化財の有名な駅舎は、現在長期修復中で見えない。昔の青森、高松などと同じく、海に面した終着駅というのはいいものだなぁと思います。

_khp2200

門司港には昔ながらの市場が多い。こちらは栄町銀天街。雨の日はアーケードは助かります。

_khp21852

_khp2196

_khp2179
続いて門司中央市場。この日は休日だったので閉まっている店が多いのですが、両側びっしりとシャッターが閉じられた狭い通路を歩くのは不思議な感覚。市場というより無機質な迷宮の中にいるような感じがします。

_khp2163

町の中をぐるぐるまわってたどり着いたのは、本日のお目当て、西鉄北九州線の100形。でべそのような前照灯が魅力です。きれいに塗装されて門司港レトロ地区の駐車場にあります。

FUJI X-E1 Fujinon XF18-55/2.8-4                                                          VOL.562

« LongDistance -- 150127 Snowy Blue --  梅村貴子 | トップページ | ゆずと行く・・僕だけを残して  伊勢新一郎 »

服部一人」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 駅チカの昭和風情 4 雨にけぶる門司港   服部一人:

« LongDistance -- 150127 Snowy Blue --  梅村貴子 | トップページ | ゆずと行く・・僕だけを残して  伊勢新一郎 »

最近のトラックバック

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31