« ゆずと行く・・遠い春の休日  伊勢新一郎 | トップページ | 東海道新幹線ランドスケープ  -150326-   太和田光一郎 »

2015年3月24日 (火)

遥かなる旅愁-薄青色の大地-3  深川俊一郎

東京では桜咲く陽気になりましたので、3か月続けた雪中行ともしばしのお別れです。
厳しくとも雪国にいざなわれる私としては、一抹の寂しさがあります。
東の果てに冷たく吹き続ける風と共に、去ってゆく列車に想いを馳せます。

15014
冬の舞


丹頂の来る駅では、雪上で華やかな舞が繰り広げられ、思わず見とれてしまう。
蒸気機関車は丹頂を驚かすことのないよう、汽笛を吹かずに、ゆっくりと背景を彩ってゆく。
釧網本線 茅沼 HASSELBLAD 500CM Tele-Tessar CF 350mmF5.6 T*

15016
氷雪の舞台


遮るものが何もないこの広さはどうだろう。
風は煙を踊らせ、汽笛の音さえ彼方へ吹き飛ばしてゆく。
釧網本線 茅沼-塘路 HASSELBLAD 500CM Sonnar C 250mmF5.6 T*

Vol.589

« ゆずと行く・・遠い春の休日  伊勢新一郎 | トップページ | 東海道新幹線ランドスケープ  -150326-   太和田光一郎 »

深川俊一郎」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/559323/61323107

この記事へのトラックバック一覧です: 遥かなる旅愁-薄青色の大地-3  深川俊一郎:

« ゆずと行く・・遠い春の休日  伊勢新一郎 | トップページ | 東海道新幹線ランドスケープ  -150326-   太和田光一郎 »

最近のトラックバック

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31