« 2015年4月 | トップページ | 2015年6月 »

2015年5月

2015年5月31日 (日)

暑かった5月  深川俊一郎

夏のように暑かった5月が終わり、季節は何ごともなかったかのようにゆっくりと移ろってゆく。
明日は6月1日、写真の日だ。
私たちのブログは3周年を迎える。そして、振り返れば、1990年レイル・オン結成から25年になる。

150375

暑かった5月

小湊鉄道 上総川間-上総鶴舞 HASSELBLAD 201F Tele-Tessar CF 350mmF5.6 T*


明日からささやかですが、ブログ3周年、そしてレイル・オン結成25周年記念企画が始まります。当時と今を対比して、メンバーがそれぞれに思いを綴ります。
どうぞお楽しみに。

003

Vol.623

2015年5月29日 (金)

黒部峡谷鉄道の小さな車両たち   服部一人

_khp3456
宇奈月駅の車両基地。機関車ED形をはじめとして客車、貨車などたくさんいます。すでに乗車前からソワソワします。

昨日5月28日に黒部峡谷鉄道が今年の全線開通(宇奈月〜欅平20.1キロ)をはたした。

ご存じのように、この鉄道は冬期間積雪のために運休し、さらに雪害から守るため架線や施設の一部を撤去してトンネルの中に保管することで知られている。それほど厳しい自然の中を走っているだけあって、新緑が美しい今頃や秋の紅葉は見事な車窓風景が展開する。毎年春が来てから段階的に開業して、今年はやっと昨日終点の欅平まで全通したというわけだ。

さて車窓風景はもちろんすばらしいが、ナローゲージ好きの私としては可愛らしい車両が気になる。目についたいくつかを簡単にご紹介。


_khp3466

現在の主力電機EDR29号を先頭に重連で牽引。角張ったボディに2つ目玉が目をひきます。

_khp3486
こちらは丸い車体がちょいとレトロな凸型EDS13号。1957年製の車両を93年に更新したもの。欅平で関西電力関係者の専用列車の先頭に立ちます。

_khp3485

その専用列車の編成の中にあった貨車「峡谷美人号1」。山で出たゴミはすべてこれに載せて下界におろされます。スイスの登山鉄道でも同様の貨車を見たことがあります。

_khp3473

長物車もナローゲージになるとコンパクトで可愛い。背景に見える冬期歩道というのはコンクリート製のシェル ターで中は歩道になっていて、ほぼ全線にわたって線路と並行しています。冬期運休中には関西電力関係者は、この歩道を20キロ歩いて欅平に到達し、保守点 検作業をおこなうそうです。ごくろうさまです。

_khp3529

戦前から走っていたL形電機EB5。宇奈月の電気記念館の前に保存してあります。草軽の電機とよく似てます。

FUJI X-E1 FUJINON XF 18-55/2.8-4                                                VOL.622


2015年5月27日 (水)

ゆずと行く・・夜の長瀞駅  伊勢新一郎

01_03ng123kan2

02fb33123kan
04_01ng11kan

04ng1kan

05ng5112kan2_2          LumixGX1,OlympusSH1 Vol.621

2015年5月25日 (月)

東海道新幹線ランドスケープ  -150525-   太和田光一郎

                     *** 道 を 曲 げ た 男 ***

Pmd_7036k__2

Pmd_9896k67_

Pmd_7037k66_

Pmd_9240k66_

Pmd_3811k_先日、車窓から青々と生い茂った鎮守の森(写真1枚目)を撮ったとき、ある一人の方の逸話を思い出した。

その人は、近くの道路の拡張工事で伐り倒されそうになった樹齢300年もの楠6本を、矢も盾もいられず退職金をはたいて買い取ってしまったそうだ。

そのために道路は曲がって造られたが、楠は助かり人々の憩いの場となったという、木を心の底から愛してやまないクラフトマンT氏ならではの、ステキなエピソードだ。

今から10年前、取材でお伺いした折に立寄って撮影した大きく成長した楠。今年も涼しい風を送ってくれていることだろう。    (写真右上) 2005.8.30 JR 久大本線 日田駅前にて

① 2015.5.3   東海道新幹線 名古屋-三河安城間

② 2015.3.22          〃       京都-米原間

③ 2015.5.3           〃       名古屋-三河安城間

④ 2015.3.21        〃          米原-京都間   

Nikon D4 ・ D2X   70-200mm F4     Vol.620

2015年5月23日 (土)

LongDistance -- ゾーン539 Stripe Colors By 白鳥画伯 --  梅村貴子

150523_001_2

150523_002

150523_003

150523_004

150523_005

今年度末に北海道新幹線が開業すると、津軽海峡線も大きく様変わり。
特急白鳥に乗れるうちに乗っておこう!!!、と、前回記事
(5/13掲載)の石巻から青森へ向かい、ぷんたろうには青森駅前駐車場にてお休みして頂き、白鳥に乗ってまいりました。

海底トンネル内の独特の走行音が大好きです。新幹線に変わるとそういった雰囲気も違ってくるんだろうなぁ‥しみじみ。
(タイトルの「ゾーン539」は青函トンネルの愛称・・・全長53.9kmから)

JR北海道 海峡線 青函トンネル内  
Canon EOS 6D 17-40mm F4         Vol.619

2015年5月21日 (木)

奥会津より―駅前ねこたちの春  深川俊一郎

暑くもなく寒くもなく・・・人間に快適な陽気は、ねこたちにも心地よいのでしょうか・・・
気のせいか、いつもより穏やかそうなねこたちがいます。

15028
朝のひととき


人見知りのキジトラくんが、さりげなく背後に寄ってきた。
通学生たちが去った駅前には、緩やかなひとときが訪れる。
只見線 会津坂下 HASSELBLAD 201F Planar FE 110mmF2 T*

15028_2
朝の呼び声


駅裏のクロシロくんは、商店の看板ねこだ。
日課の散歩から戻ると、春の音とにおいに浸っていた。
只見線 会津坂下 HASSELBLAD 201F Planar FE 110mmF2 T*
Vol.618

2015年5月19日 (火)

バラの花道 都電荒川線町屋   服部一人

_1000711
ピンクのバラの花道を同じバラ色の電車がやってきた。バラの匂いに包まれてカメラを構える。

先月は桜の季節だったが、今月はバラである。
都電荒川線の町屋付近は線路に沿ってバラの植え込みがあり、ちょうど今が盛りの見頃で、色あざやかな花を咲かせている。

沿線には140種、13,000株ものバラが植えられているそうで、丁寧に手入れされたバラは、乗って車窓から眺めてよし、沿線で撮影するもまたよしといった具合で、なかなか見事な眺めである。このバラは荒川区がすすめる植栽事業で、「荒川バラの会」の方々がお世話をしている。地域に美しい景観を作り出す努力を尊敬します。

町屋駅周辺は下町の風情が漂う町並みで散歩が楽しいが、ここはまた荒川線に京成電車、そして東京メトロと3つの路線が集まる便利な土地でもある。京成電車のホームは線路に沿ってカーブしており、車輪のきしむ音を立てながら頻繁に電車が行き交う。
このホームからは、ちょうど荒川線の線路が遠くまで見渡せて撮影にも好都合。日没間近まで撮影を楽しんできた。

_1000758

_1000742

_1000737

_1000782

パナソニックGH4 ルミックスGバリオ7-14/4                          VOL.617


2015年5月17日 (日)

ゆずと行く・・5月の西武線  伊勢新一郎

01sb12199kan

02sb1kan
03sb31512kan_2
04sb121kan2_2
05sb1kan3
06sb155kan3_2      OlympusSH1.LumixGX1 Vol.616

2015年5月15日 (金)

TOKYO RAILWAY -140515-  太和田光一郎

                                          風薫る季節

  列車が風を切る音、新緑の揺れる音、パンタグラフが架線をこする音

               そのすべてが心地いい・・・。

Pmd_7526k612__2

2015.3.31 JR中央線 市ヶ谷-飯田橋間   Nikon Df   70-200mm F4    Vol.615

2015年5月13日 (水)

LongDistance -- Yellow Yellow --  梅村貴子

⌘⌘⌘   菜の花の季節に
      菜の花色のくるまで
⌘⌘⌘        貨物列車に会いに行く

150513_001_2

150513_002

150513_003_2

150513_004

150513_005

_______________ ⌘⌘⌘⌘⌘ OMAKE   ⌘⌘⌘⌘⌘

150513_006_2



ふん
ふんふん ♪ ♩ ♬ ♪

〜〜ん ♩ ♬

       *
         

 
          
   *
         
      

150513_007

JR東日本 石巻線 小牛田-上涌谷(1・3・4枚目) 曽波神-石巻(2・5枚目) 
Canon EOS 6D EF17-40mm F4 / OLYMPUS OM-D E-M1  ED40-150mm F2.8
Thanks326&ぷんたろう    vol.614
 

2015年5月11日 (月)

奥会津より―線路脇の小さな春  深川俊一郎

遠くから聞こえてくる子供たちの歓声、線路を見渡しながら元気に泳ぐ鯉のぼり、季節外れの真夏日を記録した眩しい陽射し・・・
土の香りはどこか懐かしく、少し甘い空気は山の向こうから遅い春の便りを運んでくれるのです。

15027
春風のむこう


遠くの空がまだ少し霞んでいる。
静かなホームは清らかな春風に吹かれて冷ややかだ。
只見線 若宮 HASSELBLAD 201F Planar FE 110mmF2 T*

15033
香り立つ


甘くて濃厚な香りに呼び寄せられる。
雪解けの小さな菜の花畑は、そこだけ輝き揺れていた。
只見線 会津水沼-会津中川 HASSELBLAD 201F Planar FE 110mmF2 T*

15033_2
午後のひととき


緩やかな坂道は、そのまま踏切へと続いている。
小さなお社はいつだって見守ってくれている。
只見線 会津中川-会津川口 HASSELBLAD 201F Distagon CF 50mmF4 T*

15031
ボクたちの春


兄弟に従妹、そして兎クンも集まってきた。
汗ばんだシャツに、夕方の涼風がひんやりと心地よい。
只見線 越後須原-魚沼田中 HASSELBLAD 201F Distagon CF 50mmF4 T*

15029
夕明かり


風が急に冷たくなると、夕刻の静寂が訪れる。
いつしか日が長くなったことに気がついた。
只見線 会津西方 HASSELBLAD 201F Planar FE 110mmF2 T*

Vol.613

2015年5月 9日 (土)

夜のミラノ中央駅   服部一人

_0821b
トレニタリア(イタリア鉄道の運行会社)の看板列車、特急フレッチャロッサ(赤い矢)が並ぶ。鉄骨の黒い背景に赤い車体が映える。

ヨーロッパの主要駅には、いまだ行き止まり式ホームを持つターミナル駅が多い。最近でこそ運用上の不都合か、新しくできた駅には直通式の構造の駅が多いが、やはりこの行き止まり式ホームというのは、いかにも終着駅という風情が感じられていいものである。

さてミラノ中央駅、堂々とした風格は駅というよりも大聖堂といってもおかしくないような威厳がある。開業は1931年、2005年から始まった修復作業も終わって美しくよみがえっている。もっとも印象的な特徴は、重厚感あふれる鉄骨によって巨大な丸屋根を支えている構造だろう。全長340メートルもあるホームをすっぽりと覆っている。

とりわけ夜になって、やや薄暗い構内照明によって鉄骨が照らし出されると、その重厚感はさらに魅力的に目に映る。映画のロケでもできそうな、実に雰囲気のある景観となる。


_0851
_0828

_0316

_0806

_0824構内の片隅にはロッド駆動のクラシックなスイッチャーもいた。優等列車ばかりでなく、こういう小物も楽しい。

Canon EOS5DMkⅡ,   Distagon35/2, EF17-40/4L                   VOL612

2015年5月 7日 (木)

ゆずと行く・・GWの東武線  伊勢新一郎

01tb21215kan3

02ttb1kan2

03tbb5513356kan3_2
04tb1233kan_2

05ttbb1kan3
06tb12kan
LumixGX1、OlympusSH1 Vol.611

   OMAKE

09tbb1kan2

10ttb5kan2

2015年5月 5日 (火)

北見の空から  太和田光一郎  

北海道北見への出張が急に決まった。夕方の便で北見へ入り、翌日の夜には東京に戻るといったタイトなスケジュールだ。

チケットも宿もスムースに取れて、ご機嫌で浜松町へ向かう。久しぶりの東京モノレール。天気はどんよりしているが、せっかく乗るのだから車窓ランドスケープをすることに。

どの号車に乗るかで上がりが大きく変わってしまう。撮れても撮れなくても、今日は片道だけの一本勝負だから気合いが入る。 

Pmd_5121k67__2

Pmd_5131k67__2

Pmd_5134k67__2

Pmd_5143k67_

Pmd_5155k67_

Pmd_5147k67_
東京モノレール 浜松町-羽田空港間

                                             *  *  *

定刻に女満別空港へ到着した。よく見ると日陰に残雪があるものの、気温は高い。リムジンバスの車窓からランドスケープをしながら、一路北見の市街地へ向かう。

 途中で石北本線が併走するところがあったが、列車は来てくれない。

凛とした夕陽が出迎えてくれた・・・。

Pmd_6215k612_

Pmd_5314k612_

Pmd_5335k67_

                                *  *  *

Pmd_8447krafa_

Pmd_8437k35__2

翌日、ホテルから仕事先へ向かう途中、陸橋からSLが見えた。公園に静態保存されたD50だった。ひと段落して、さっそく北見駅から歩いて行って見ると、とても保存状態のいい大正生まれのD50だった。 

なんでも梅小路機関区の140号機と、ここ三Pmd_8416k35_

治公園の25号機の2両しか現存しない超貴重なカマだった。(写真右上)

近くには、石北本線を地下化するために生まれた北見トンネルがあり、すぐその脇には『ふるさと銀河線』の遺構が残っていた・・・。(写真右下)

撮影 : 2015.4.25-26   Nikon Df  16-35mm  24-70mm  70-200mm     Vol.610

2015年5月 3日 (日)

LongDistance -- Impressive stairs of the station --  梅村貴子

150503_001ok

150503_002ok

150503_003ok

Canon EOS 6D  EF17-40mm F4  Vol.609

2015年5月 1日 (金)

奥会津より―桜前線とともに  深川俊一郎

東京では桜開花を挟んで、ゆっくりと春が歩みを進めてきますが、雪国ではフキノトウが芽吹いたかと思うと花が一斉に絶え間なく咲き誇り、急ぎ足の春を感じます。
僅か1ヶ月前の本当の吹雪をすっかり忘れ、麗らかな花吹雪に酔いしれるのです。

15029
さくらみち


虚空蔵尊の門前町である柳津は、この時期随所で桜が咲き誇る。
見上げれば桜の海原を泳いでいるよう。
只見線 会津柳津-郷戸 HASSELBLAD 201F Distagon CF 50mmF4 T*

15030
目覚めの時


遅い雪融けを待ちきれずに、フキノトウが力強く芽吹き出した。
レールは赤茶色に錆びているが、ちゃんと生きている。
只見線 会津蒲生-只見 HASSELBLAD 201F Planar FE 110mmF2 T*

15029_2
はなだより


雪国の春は急ぎ足で来たかと思えば、さりげなく去ってゆく。
春光に煌めく桜吹雪は、惜しみなく吹く風に身を任せていた。
只見線 会津柳津 HASSELBLAD 201F Planar FE 110mmF2 T*

Vol.608

« 2015年4月 | トップページ | 2015年6月 »

最近のトラックバック

2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31