« ゆずと行く・・残象 鹿島鉄道  伊勢新一郎 | トップページ | LongDistance -- ラッセル ルピナスの咲くところ 奥白滝信号所-- 梅村貴子 »

2015年7月17日 (金)

東京モノレールランドスケープ 150717  太和田光一郎

Pmd_4855kt_

Pmd_4818ka_

Pmd_4761kt_

Pmd_4796kt_

Pmd_4817kt_

Pmd_4900kt_

去る6月30日、日本中を震撼させた東海道新幹線放火事件・・・。

この日の午後、私は出張で新大阪まで乗車する予定だった。しかも指定席を取っていなかったので、1号車のデッキに乗り込むつもりだったが・・・。

職場の同僚が「新幹線止まっているみたいよ」と教えてくれたのが、お昼前。じきに動くだろうとのんびり構えていたら、そのうちにとんでもないことに・・・。

すでにヒコーキは満席状態。明日は朝一からの仕事なので、何としてでも大阪まで入らなければならない。つい心の中で『銀河』があったらなあと、つぶやいてしまった。

その後、何度も予約センターに電話をしタイミングよくキャンセルが出てくれて、なんとか伊丹行きをおさえることが出来た。夕方、東京モノレールに飛び乗り、片道1回だけの『たそがれのランドスケープ』一本勝負と相成った。

2015.6.30 東京モノレール 浜松町-羽田空港間    Nikon D4  70-200mm F4

02

寝台急行『銀河』の話が出たところで、オマケはゴハチ+20系時代の懐かしい写真をご覧いただきたい。

何とも稚拙な写真でお恥ずかしいが、当時、下りの『銀河』は、最終の新幹線に乗り遅れても、翌朝、早く大阪に着くことの出来るありがたい寝台列車だった・・・。

旦の朝、大阪から上ってきたEF58 91号機。前年の1977年、コダックの内式現像システムが新しくE-6になり、遅れて発売されたアマ用のエクタクローム200(ED)を、泣けなしの小遣いで1本買って撮影。(コダクロームのほうが安かったが、開放F値5.6のズームを使うので止むを得ずEDを購入した)

追いピン・手巻きで2枚撮っているが、今回はカニ21までしっかりと入ったものをスキャンした。1978010107kt__2

正月明け、近所の写真屋さんに現像を出して一週間後、ハイスピードエクター(EH)に比べてEDの色はどうだろうと、期待に胸を躍らせて仕上がりを観たことが昨日のことのようだ。

確か現像代は親から借金。その後どうやって返したかは憶えていない。中3の私には返済しきれず、踏み倒したのかも・・・。

宝物である当時のポジバインダーを観ると、なんとこの後、8月までポジを使用していない。そんな学生時代だった。

1978.1.1 東海道本線 田町付近 (写真右上)  09:31  1/250sec  開放   ED (ノーマル)  Canon EF  FD100-200mm F5.6 S.C      Vol.648

« ゆずと行く・・残象 鹿島鉄道  伊勢新一郎 | トップページ | LongDistance -- ラッセル ルピナスの咲くところ 奥白滝信号所-- 梅村貴子 »

太和田光一郎」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 東京モノレールランドスケープ 150717  太和田光一郎:

« ゆずと行く・・残象 鹿島鉄道  伊勢新一郎 | トップページ | LongDistance -- ラッセル ルピナスの咲くところ 奥白滝信号所-- 梅村貴子 »

最近のトラックバック

2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30