« LongDistance -- 立秋とは名ばかりの・・・-- 梅村貴子 | トップページ | 炎暑の撮影 東海道本線柏原   服部一人 »

2015年8月10日 (月)

風の曲がり角-小湊鉄道  深川俊一郎

田んぼの真ん中に佇む小さな駅は、今日も風に吹かれながら静かに誰かを待っています。
小さなホームに立つと、季節の移ろいを肌で感じることができるのです。

15044
語らいのみち


放課後、鳥の囀りや虫の鳴き声に交じって、生徒たちの笑い声が聞こえてくる。
線路脇の小さなみちが、一番賑わう時だ。
小湊鉄道 上総川間 HASSELBLAD 201F Distagon CF 50mmF4 T*

15044_2
風の曲がり角


ホームの向こうを、滑らかにカーブしてゆく道が見える。
かすかな風を残して、自転車が去っていった。
小湊鉄道 上総川間 HASSELBLAD 201F Distagon CF 50mmF4 T*

15044_3
澄み渡る午後


澄み渡る青空に、朱色とクリーム色の二色が鮮やかに映る。
あまりの眩しさに思わず目を細めてしまう。
小湊鉄道 上総川間 HASSELBLAD 201F Distagon CF 50mmF4 T*

15044_4
遠い夏


陽が傾いても、蝉の合唱は終わらない。
遠い日に帰れそうな、夏の日の夕刻。
小湊鉄道 上総牛久-上総川間 HASSELBLAD 201F Distagon CF 50mmF4 T*

Vol.660

« LongDistance -- 立秋とは名ばかりの・・・-- 梅村貴子 | トップページ | 炎暑の撮影 東海道本線柏原   服部一人 »

深川俊一郎」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/559323/62049573

この記事へのトラックバック一覧です: 風の曲がり角-小湊鉄道  深川俊一郎:

« LongDistance -- 立秋とは名ばかりの・・・-- 梅村貴子 | トップページ | 炎暑の撮影 東海道本線柏原   服部一人 »

最近のトラックバック

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31