« LongDistance  ◇◆◇ Train Textures 2 ◇◆◇ 梅村貴子 | トップページ | 駅のたたずまい 1  ウィーン中央駅   服部一人 »

2015年9月19日 (土)

路面電車紀行‐初秋の函館市電  深川俊一郎

夏から秋への境目はいつなのか・・・季節は変わらないのに、カレンダーが強引にめくられてしまうかのごとく、秋は訪れます。
波乱の天候が、季節の変わり目を揺さぶっていますが、気がつけば北国は既に長袖の季節です。

14062
朝の顔


筆書きの楷書が目に焼きつく、函館どつく前は、静かな終点だ。
朝は少し冷えるけど、今日も爽やかな秋晴れだ。
函館市電 函館どつく前 HASSELBLAD 201F Distagon CF 50mmF4 T*

14062_2
光る電車道


路面電車に乗ると、つい運転席の後ろに構えてしまう。
それぞれの土地・電車によって味わいが違うが、臨場感はおんなじだ。
函館市電 HASSELBLAD 201F Distagon CF 50mmF4 T*

14062_3
ひだまり


澄んだ朝の空気が、暖かな車内で和らぐ。
少し眠気を残しながら、おしゃべりは弾む。
函館市電 HASSELBLAD 201F Distagon CF 50mmF4 T*

Vol.680

« LongDistance  ◇◆◇ Train Textures 2 ◇◆◇ 梅村貴子 | トップページ | 駅のたたずまい 1  ウィーン中央駅   服部一人 »

深川俊一郎」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/559323/62295271

この記事へのトラックバック一覧です: 路面電車紀行‐初秋の函館市電  深川俊一郎:

« LongDistance  ◇◆◇ Train Textures 2 ◇◆◇ 梅村貴子 | トップページ | 駅のたたずまい 1  ウィーン中央駅   服部一人 »

最近のトラックバック

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31