« 2015年12月 | トップページ | 2016年2月 »

2016年1月

2016年1月31日 (日)

東海道新幹線ランドスケープ  160131 太和田光一郎

Pmd_0248k612_

2015.9.27 東海道新幹線 品川-新横浜間   

 Nikon D4   70-200mm F4      Vol.758

続きを読む "東海道新幹線ランドスケープ  160131 太和田光一郎" »

2016年1月29日 (金)

トラムの走る町7 ライプチヒ   服部一人

_2015_09_14_0306
ライプチヒ中央駅の堂々たる正面玄関を背景にタトラが行く。

_2015_09_14_0338

駅前のトラム乗り場。両方向から常に電車がやってきて目がまわる忙しさ。

_2015_09_14_0298

新旧のトラム3両。駅前はいろんな電車がやってきて楽しい。

前回のドレスデンに続き、今回はライプチヒ。以前、ここの中央駅を取り上げたが(こちら→http://blog.rail-on.com/2015/10/3-5fba.html )、その中央駅前がトラムの一大ターミナルとなっている。駅前で4つの路線が合流するので、ちょっと見ているだけでも四方八方からひっきりなしに電車がやってくる。最近の低床式連接車が過半数以上だが、少し古いタトラもトレーラーを引いて活躍しているのが古いもの好きな私としてはうれしい。軌間が1458ミリというのも珍しい。

_2015_09_14_0325

黄色と青のツートンがライプチヒの標準塗装。一部に広告のラッピング電車も走るが数は多くない。

_2015_09_14_0348

路線によっては急カーブや狭い道もあり、そんな路線にはこのような先端部を絞った細身の電車が入線する。

_2015_09_14_0335

_2015_09_14_0292
古いタトラはT4DーM型といい、1982〜91年にかけて製造された車両が91〜98年にかけて車体更新されたもの。ライプチヒではまだまだ元気に活躍してます。

_2015_09_14_034

新旧の横顔

Canon EOS5DMkⅡ,  Makro-Planar50/2, Distagon35/2, EF70-200/4L IS   VOL.757

2016年1月27日 (水)

ゆずと行く・・雨の阿武隈急行  伊勢新一郎

01_02ab12kan2
02ab5kan2

03ab5kan2

07ab1kan2      LumixGX1,TZ10 Vol.756

2016年1月25日 (月)

LongDistance ***Snowy dance 2016 宗谷本線ラッセル車 雪372レ♡ *** 梅村貴子

ありがたい!!!  今年も  大好きラッセル車詣で ができました。

___________*****  雪が降り続いた1日目  *****

001_26140001         抜海駅(8:35)

002_2668
下沼-幌延(9:40)

003_26950002ok
安牛-雄信内(10:25)

004_27650004

005_2785ok_2筬島-音威子府(12:12)

006_6446ok
智恵文-北星(15:51 この日は大きく遅れ有)  

____________***** 時おり青空の2日目  *****

007_30420008下沼-幌延(9:39)

008_6534

009_6535
安牛-雄信内(10:23)

010_6559ok_2
歌内-天塩中川(11:17) 

011_31630016ok

遠方でラッセル車が停止したので何事かと見ていたら 鹿がラッセル前を横切って行きました。 

「シカでした!」←水曜どうでしょうの嬉野D氏のセリフ、思わずつぶやきました・・・、(何のことやら?の皆様、失礼しました。)

 

 

 

 

 

013_6627
音威子府駅 (12:32)

         ○○○○○  OMAKE  ○○○○○

015_2678

今回の相棒 FIT君。
良く走ってくれました、ありがとう。

*         *
   *
     *       * *     
    *          *
 
          *               

014_3282

JR北海道 宗谷本線     2016.1   毎度 SPECIAL THANKS  326(サブロー)
Canon EOS 6D 17-40mmF4 / OLYMPUS OM-D E-M1  40-150mm F2.8
Vol.755

2016年1月23日 (土)

奥会津より-遅い根雪  深川俊一郎

「あったかいなぁ…」
地元の方が驚くほど、そこには土色の風景が広がっていました。
各地で暖冬といわれていますが。白くない雪国にことさらそれを実感するのです。

16003
山から雪がやってきた


寒の入りを過ぎた頃、ようやく向こうの山から雪がやってきた。
いつもなら埋もれているはずのお地蔵さんが、静かに雪を待っていた。
只見線 会津水沼-会津中川 HASSELBLAD 500CM Distagon CF 50mmF4 T*

16004
滲む峡谷


大粒の雨が、少し粘り気を増して重くなってゆく。
やがて雨音が消えたかと思うと、それは雪に変わっていた。
只見線 会津宮下-早戸 HASSELBLAD 500CM Tele-Tessar CF 350mmF5.6 T*

16003_2
遅い根雪


雪のない正月は記憶にないといわれたが、確かにいつもは冬の初めの寒波で、一気に根雪になってしまう。
今年はゆっくりと、その装いを見ることができた。
只見線 会津水沼-会津中川 HASSELBLAD 500CM Distagon CF 50mmF4 T*

16004_2
冬の入り口


夕方の踏切が寂し気に鳴っている。
その瞬きが呼び寄せるように、雪が本降りになってきた。
只見線 早戸-会津水沼 HASSELBLAD 500CM Sonnar C 150mmF4 T*

Vol.754

2016年1月21日 (木)

東海道新幹線ランドスケープ  160121 太和田光一郎

Pmd_5008k_

キラキラと輝く夜のヤード。こんな写真が気軽に撮れてしまうんですからいい時代になったものですね。

2015.12.5 東海道新幹線 品川-新横浜間    Nikon Df   70-200mm F4      Vol.753

2016年1月19日 (火)

トラムの走る街6 ドレスデン   服部一人

_2015_09_09_0035

昨年から連載中の「ザクセンの小さな鉄道」は、ここのところお休みをいただいていますが、まだ完結したわけではありません。あと数回分紹介するネタがあるのですが、今日はちょっと気分を変えてトラムにします。

ドレスデンはザクセン州の大都市、人口50万を超えます。トラムも12系統、総延長130キロあまりとドイツでも有数の規模を誇ります。一般的にドイツでは旧東ドイツ側の都市は、西側に比べてモータリゼーションが進まなかったのでトラムの廃止が少なく、現在でも大規模なネットワークを持っている都市がいくつもあります。

ドレスデンのトラムは近代化が進み、現在ではほぼすべてが低床式の連接車となっています。古い物好きのトラムマニアとしては旧型車が走っていないのがちと残念ですが、そんなことは好き者のたわごと。静かで乗り心地のよいスマートなトラムが街を走るようすは、これからの時代のトラムのあるべき姿でしょう。

_2015_09_12_0066

基本的には黄色い車体ですが、一部にラッピングの広告電車が走ります。

_2015_09_12_0077

_2015_09_12_0034
ドレスデン中央駅の重厚な建物をバックに今どきのスマートな連接車が行く。

_2015_09_09_0018

_2015_09_08_0005
軌道敷地内はグリーンベルトとなっている区間もあり、都市の中にあって気持ちのいいものです。後方に小さく見える赤い電車は事業用車。

_2015_09_07_0018

ドレスデンのトラムといえば名物がこの「カーゴトラム」。フォルクスワーゲンの工場が市内にあるのですが、敷地が狭く部品や資材置き場を工場内に作ることができなかったそうです。そこで離れた部品置き場と工場の間で荷物輸送の必要性が生じたのですが、これをトラックでやると排気ガスなどで都市の環境汚染の一因となる、というわけで両方を結ぶカーゴトラムができたというわけです。
1時間に1本程度は走っているようで、滞在中は何度か見かけました。世界的にも珍しいトラムの路線上を走る貨物列車です。

_2015_09_09_0022
余談ですが、これは歩行者信号用の可愛い女の子のキャラクターです。社会主義の旧東ドイツ時代に採用されました。アンペルマンというちゃんとした名前があって、実は男の子バージョンもあります。というか男の子バージョンの方が多く、写真のような女の子バージョンは貴重です。3頭身の可愛らしさゆえに人気が出て、今では実にたくさんのキャラクターグッズが発売されています。日本にもショップがあって手に入ります。このアンペルマン、考案されたのが僕の生まれた年と一緒なので、同年齢で親近感があります。おみやげに買ってきたコースターなどを部屋に飾っています。

Canon EOS5DMk2, 70-200/4IS, Makro Planar50/2 Distagon35/2       VOL.752

2016年1月17日 (日)

ゆずと行く・・オールドブルー  伊勢新一郎

01yr123556731kan

02yr1kan

05yr122kan

06yr2112kan_2      LumixGX1 Vol.751

2016年1月15日 (金)

LongDistance *** 冬 駅 景 〜〜〜 稚内行き 遅延30分 *** 梅村貴子

160115_001_2

160115_002ok_4

160115_003_2
160115_004_2

160115_011

‥‥ ゔゔ ‥‥ ざぶい ‥‥‥‥でも駅舎には入らない‥‥

160115_006

160115_007

160115_008_2

JR北海道 宗谷本線 天塩中川駅       2016.1
Canon EOS 6D 17-40mm F4 / OLYMPUS OM-D EM-1 40-150mm F2.8
Vol.750

2016年1月13日 (水)

冬ざれのキハ205-ひたちなか海浜鉄道  深川俊一郎

寒風が吹き抜ける冬ざれの里を、少しすすけた色合いのキハ205がのんびりと走ってゆきます。
朱色とクリームの二色が低い陽射しを受けて、しっとりと輝いていました。
旧型車の引退が続きますが、このキハ205には頑張ってほしいと願っています。

16001
新陽


重く眠たい夜明け前の空に、まるで針の穴が開いたように朝陽が差してくる。
新年の澄んだ光が、年季の入った車体を赤く染めていた。
ひたちなか海浜鉄道 平磯-磯崎 HASSELBLAD 500CM Distagon CF 50mmF4 T*

16002
冬空高く


コバルトブルーの空に見入っていると吸い込まれそうな感覚を覚える。
細い築堤をカーブしながら、小さな気動車はどこへ行くのだろうか・・・
ひたちなか海浜鉄道 殿山-平磯 HASSELBLAD 500CM Distagon CF 50mmF4 T*

16002_2
冬ざれの道


少し色あせた2色の車体は、冬ざれの里に同化しそうな色合いだ。
季節外れの暖かな日差しが、ありがたくも少し寂しい。
ひたちなか海浜鉄道 金上-中根 HASSELBLAD 500CM Sonnar C 250mmF5.6 T*

15075
たそがれ


黄金色の斜陽が正面から差してきた。
この古い気動車には、たそがれ時がよく似合う。
ひたちなか海浜鉄道 那珂湊-殿山 HASSELBLAD 201F Sonnar C 250mmF5.6 T*

Vol.749

2016年1月11日 (月)

東海道新幹線ランドスケープ  160111 太和田光一郎

Pmd_9054k__2

Pmd_8947k_
① 2015.5.21  東海道新幹線 小田原駅

② 2015.1.29          〃         三河安城駅       

Nikon D4   24-70mm F2.8                  Vol.748

2016年1月 9日 (土)

市電を訪ねてレトロでんしゃ館   服部一人

_2016_01_05_0032
_2016_01_05_0036

_2016_01_05_0031
市電1400形。戦前の製造ながら全廃時まで活躍した名古屋市電の名車のひとつ。僕もたびたび乗ったので保存車両の中ではもっともなじみがある。

名古屋の赤池にあるレトロでんしゃ館に行ってきた。正式名称は「名古屋市 市電・地下鉄保存館」というのだが、かつて名古屋市内を走っていた市電(名古屋では路面電車のことをこう呼んでいた。)と地下鉄開通時の車両を保存している記念館である。

市電が全廃されたのは昭和49年(1974年)3月のことだ。ちょうど僕が小学校を卒業する春のことだった。僕の実家のすぐ近くには市電が走る大通りがあって、その通りはでんしゃ道と呼ばれていた。子供の頃、親戚の家に行くとか、あるいは母と一緒にどこかへ出かけるときなどによく市電を利用した。当時、我が家のカメラはハーフサイズのオリンパスペンDだった。父にお願いしてカメラを借りて、たびたびでんしゃ道で写真を撮っていた。そんなわけで市電にはひじょうになじみが深い。

僕が今でもトラム好きなのは、きっとこういう子供の頃の原体験があるからだろう。またトラムに限らず、緑とクリームに塗り分けられた電車を見ると愛着と共感を覚えるのも、おそらく市電の影響があると思う。

このレトロでんしゃ館はうれしいことに車内に入って見学することができる。きれいにレストアされ、往事の雰囲気がそこかしこに残る車内に入ると、たちまちにして子供の頃の自分自身や、その時代に思いはつながる。モケットの座席の感触、靴底をつうじて伝わる木の床のやわらかさ、丸いつり革の手触り、そのどれもが懐かしく、かつての記憶を呼び覚ます。ふしぎなことに電車とは直接関係のない、少年時代のさまざまな出来事が思い出されて胸がいっぱいになる。


_2016_01_05_0068

こちらは連接車3000形と2000形。2000形はゴムを利用した弾性車輪とボディ下端が台車を隠すようなデザインで騒音を減らし、乗り心地の向上を図った、当時としては画期的な車両。

_2016_01_05_0037_2

_2016_01_05_0038

_2016_01_05_0050

_2016_01_05_0056

_2016_01_05_0069
こちらが地下鉄開業時に導入された100形。僕も高校時代3年間、通学で地下鉄を使っていたので、これもまた懐かしい車両だ。

Canon EOS60D,  EF17-40/4L                    VOL.747

2016年1月 7日 (木)

ゆずと行く・・富士山のある風景  伊勢新一郎

01mn1kan_2

02mn12kan2
03mn1kan

05mn12kan             LumixGX1,OlympusSH1  Vol.746

2016年1月 5日 (火)

LongDistance --- 年明け Stripe Colors --- 梅村貴子

160105_001ok_2

160105_002ok

160105_003ok

160105_004ok

160105_005ok

都営大江戸線 ・ 東京メトロ東西線 ・ JR京葉線
Sony Cyber-shot RX100
vol.745

2016年1月 3日 (日)

「Rail-On 謹賀新年号 1号車」  梅村貴子

__________て ***** 祝2016 < 今年は線路版画 > *****

160103_001

160103_002ume

これまでの「書初め」から、今年は少し作風を変えて版画タッチにしてみました。
vol.744

「Rail-On 謹賀新年号2号車」  伊勢新一郎

01sn123356kan
本年もゆずシリーズをよろしくお願いいたします。

「Rail-On 謹賀新年号3号車」   服部一人

正月の東京鉄道散歩

_khp6485

今年は東京のお正月は穏やかな日和だった。3年続けてお正月は大阪で過ごしたので、東京で迎える新年は久しぶりだ。いい天気につられて小さなカメラ1台持って散歩に出かけた。

町は静かで道行く人の数も少ない。風もなく寒さも大したことないので、日没まで楽しみながらけっこう歩いた。鉄道はいつものごとく淡々と走っている。

_khp6499

_khp6516

_khp6559

_khp6597

下高井戸 山下 新宿 鬼子母神

FUJI X-E1 FUJINON XF 18-55/2.8-4

VOL.742

「Rail-On 謹賀新年号4号車」  太和田光一郎

Pmd_9470k_

みなさまに愛されるブログを目指し、今年も定刻に発車(アップ)してまいります。

2015.6.1 東海道新幹線 品川-新横浜間    Nikon D4   70-200mm F4      Vol.741

「Rail-On 謹賀新年号 5号車」  深川俊一郎

本年もよろしくお付き合いいただきますよう、お願い申し上げます。
フィルムを装填し、露出を悩んで決定し、ルーペを覗き視神経を尖らせながらピントを合わせ、そして心をこめてシャッターを押す…
私の撮影スタイルは今のところ、今年も不変の予定です。
フィルムのラインナップも統廃合著しく、コストもアップしていますが、1枚1枚を大切に撮りたいと思います。
只見線の復旧への道のりは相変わらず遠いままですが、昨年12月に自治体の積極的な動きがありました。県と沿線市町村が、運転を再開した場合に生じる赤字の大半を補填するための基金を創設するそうです。
地域ぐるみで只見線を将来に繋げようという熱い動きが、ますます高まっています。
今年もかけがえのない只見線の魅力を発信していきたいと思います。
それでは、本年の一作目。大雪に霞む只見線の一コマです。

15004
宵の地吹雪


薄暮から宵闇への僅かな時間は、自らを見失いそうなほどに長く、まるで宙をさまよっているようだ。
空と大地はその境界をとっくに分かち合い、自分がどこに向かおうとしているのか、その意識を地吹雪が完全に遮断している。
僅かな理性と微かに残された方向感覚だけが、ファインダーに注ぎ込まれている。
只見線 若宮-会津坂下 HASSELBLAD 500CM Distagon CF 50mmF4 T*

Vol.740

「Rail-On 謹賀新年号 6号車」  濱島 栄

160103_001

Happy New Nights

今夜もどうぞよろしくお願いいたします

160103_003

160103_002_2

vol.739             by Hamazy

2016年1月 1日 (金)

本年もよろしくお願いいたします 2016 レイル・オン

15017

謹んで新年のお祝いを申し上げます。

旧年中は格別のご厚情を賜り、誠にありがとうございました。
本年の皆様のご健勝とご多幸をお祈り申し上げます。

おかげさまで小ブログも新しい年を迎えることができました。
「自分自身が納得できるものをご覧いただく」という姿勢を忘れずに、地道に進んで参りたいと存じます。

なお、お正月企画として、明後日3日にメンバー全員の記事をUPいたしますので、ご覧いただけると幸いです。

本年もRail-Onブログをどうぞよろしくお願いいたします。

 平成二十八年 元旦
                        レイル・オン一同

Vol.738

« 2015年12月 | トップページ | 2016年2月 »

最近のトラックバック

2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30