« ゆずと行く・・雨の阿武隈急行  伊勢新一郎 | トップページ | 東海道新幹線ランドスケープ  160131 太和田光一郎 »

2016年1月29日 (金)

トラムの走る町7 ライプチヒ   服部一人

_2015_09_14_0306
ライプチヒ中央駅の堂々たる正面玄関を背景にタトラが行く。

_2015_09_14_0338

駅前のトラム乗り場。両方向から常に電車がやってきて目がまわる忙しさ。

_2015_09_14_0298

新旧のトラム3両。駅前はいろんな電車がやってきて楽しい。

前回のドレスデンに続き、今回はライプチヒ。以前、ここの中央駅を取り上げたが(こちら→http://blog.rail-on.com/2015/10/3-5fba.html )、その中央駅前がトラムの一大ターミナルとなっている。駅前で4つの路線が合流するので、ちょっと見ているだけでも四方八方からひっきりなしに電車がやってくる。最近の低床式連接車が過半数以上だが、少し古いタトラもトレーラーを引いて活躍しているのが古いもの好きな私としてはうれしい。軌間が1458ミリというのも珍しい。

_2015_09_14_0325

黄色と青のツートンがライプチヒの標準塗装。一部に広告のラッピング電車も走るが数は多くない。

_2015_09_14_0348

路線によっては急カーブや狭い道もあり、そんな路線にはこのような先端部を絞った細身の電車が入線する。

_2015_09_14_0335

_2015_09_14_0292
古いタトラはT4DーM型といい、1982〜91年にかけて製造された車両が91〜98年にかけて車体更新されたもの。ライプチヒではまだまだ元気に活躍してます。

_2015_09_14_034

新旧の横顔

Canon EOS5DMkⅡ,  Makro-Planar50/2, Distagon35/2, EF70-200/4L IS   VOL.757

« ゆずと行く・・雨の阿武隈急行  伊勢新一郎 | トップページ | 東海道新幹線ランドスケープ  160131 太和田光一郎 »

服部一人」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: トラムの走る町7 ライプチヒ   服部一人:

« ゆずと行く・・雨の阿武隈急行  伊勢新一郎 | トップページ | 東海道新幹線ランドスケープ  160131 太和田光一郎 »

最近のトラックバック

2022年1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31