« Df 散歩  -160309-  太和田光一郎 | トップページ | 夜行列車の印象-最後の急行はまなす  深川俊一郎 »

2016年3月11日 (金)

ザクセンの小さな鉄道10 最終回 拾遺 旅のスタイル   服部一人

_2015_09_12_0115
僕の大好きなナローの蒸気を毎日眺めていた至福の日々。

Jpeg

今回訪ねたドイツ、ザクセン地方は蒸気機関車を観光資源として積極的に売り出している。「ザクセン蒸気鉄道ルート」という120ページ以上もある立派なカタログが用意され、各地にある鉄道が詳細に紹介されている。見ているだけでワクワクしてくる。

このところ続けてきた「ザクセンの小さな鉄道」 これで最終回です。
振り返れば、撮影に行ったのが昨年9月、ブログで連載を始めたのが10月後半でした。途中、ほかの記事を入れて何度か中断しながら5ヶ月弱も続けてしまいました。おつきあいいただきましてありがとうございます。

今回の旅もユーレイルパスを使って、おもに列車で各地をまわりました。ドイツ国内は特急列車に指定席の必要がないため、パスさえ持っていれば気軽に思い立った列車に乗ることができます。いちいち切符を買う手間も省け、らくちんです。パスの料金の元を取るには、それなりに長距離の移動をしないといけませんが、それを差し引いても便利さには替えがたいものがあります。

滞在中の一日の行動はだいたい朝早くに起床して、まずホテルで朝ご飯をしっかり食べます。一日元気に外で活動するには朝ご飯は重要ですね。そのあと駅で乗車する前に売店でランチのサンドイッチなどを買って列車に乗り込みます。現地についたら、まずは終点まで乗車してロケハン。そのあと目をつけておいたポイントまで戻ります。それから沿線を徒歩で移動しながら列車を日没まで撮影します。

9月はヨーロッパはまだ少し日が長いですが、それでも撮影からホテルに帰ってくるともうすっかり夜。外にごはん食べに行くのもおっくうなので、手頃なご飯のおかずとビールでも買って帰って部屋で食べます。今日一日の成果をパソコンで眺めながら晩ご飯食べてるとなかなかシアワセです。

今回の滞在で大活躍したのがiPad。グーグルマップとGPSはとっても便利でした。あらかじめグーグルマップで撮影場所のアタリをつけておき、ロケハンで確認したら、GPSと地図を頼りに歩きます。まったく知らない土地でも今自分がどこにいるか把握できるというのは本当に便利なことでした。日本を出る前にヨーロッパでも使えるSIMカードを購入して現地で使いました。また一部の特急列車内ではWi-Fiが使えました。

おもえば数年前に英国ウエールズを旅したときには、まずまっ先に本屋で地図を買いましたが、今回は紙の地図は使わず、すべてグーグルマップで済ませました。電子端末の発達で旅のスタイルも変わりつつあります。美しい紙の地図は、それ自体手元に置いておきたくなる愛着を感じますが、実用ではこれからも電子端末を使うと思います。

日ごとに違った鉄道を訪ね歩くという旅の毎日は疲れも知らず、実に新鮮で楽しかったです。ナロー三昧、蒸気三昧の日々はあっという間に過ぎて帰国の日がやって来るのですが、帰りの飛行機の中では、現地で購入した本を見ながら、次はどこに行こうかとさっそく想像を巡らしていました。

_2015_09_11_0091

_2015_09_13_0599

_2015_09_12_0654

_2015_09_08_029

_2015_09_07_0132

_2015_09_13_0412_2

_2015_09_11_0539_2
_khp9419
機材は歩きやすいように背中に背負って。すぐに取り出すレンズやボディなどはウエストバッグに入れて体の前に。だいたいボディ3台、レンズ4本、それに小型のカーボン三脚というのが標準装備。

2jpeg

ドイツ、スイスなど鉄道趣味王国を旅しているとうらやましいことはいくつもあるが、鉄道書籍もそのひとつ。駅のキオスクのような書店に入っても、鉄道関係だけで10種類以上は雑誌が置いてある。写真集などもほしい物がいっぱいあり、帰りの荷物はどうしても重くなる。これは現地で購入したカレンダー。フェルトバーン(トロッコ)だけで1冊カレンダーを作るなんて僕のツボにぴったり。さすがドイツ、鉄道趣味の多様性があります。

_2015_09_08_0300

まぁ、毎日毎日よく歩きましたね。いちばん歩いた日は約14キロ。この時はちょっとくたびれました。

CANON EOS 5DMkⅡ, 60D, EF70-200/4L IS, Makro-Planar50/2, Distagon35/2
VOL.778

« Df 散歩  -160309-  太和田光一郎 | トップページ | 夜行列車の印象-最後の急行はまなす  深川俊一郎 »

服部一人」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« Df 散歩  -160309-  太和田光一郎 | トップページ | 夜行列車の印象-最後の急行はまなす  深川俊一郎 »

最近のトラックバック

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30