« ゆずと行く・・由利高原鉄道  伊勢新一郎 | トップページ | LongDistance ☆★☆ Twilight Station Colors ☆★☆   梅村貴子 »

2016年5月 9日 (月)

奥会津より-急ぎ足の桜前線  深川俊一郎

冬と春の境目があまりにも曖昧だった今年の春。
カレンダーを一枚間違えたかと思うほど、季節に追い越された印象です。

16027
まぶしい朝


顔を上げるのが重たく感じるほど、まぶしい光が降り注ぐ。
朝の駅には始まりの期待感が詰まっている。
只見線 会津坂下 HASSELBLAD 201F Planar FE 110mmF2 T*

16026
古木目覚める


空を覆わんばかりに枝を伸ばす古木がある。
田んぼの真ん中、小さな花盛り。
只見線 新鶴-若宮 HASSELBLAD 201F Distagon CF 50mmF4 T*

16027_2
裏街道

ひんやりと冷たい裏街道に、寒気をもよおす看板あり。
鈍く光る線路もけものみちなのだろうか・・・
只見線 会津柳津-郷戸 HASSELBLAD 201F Planar FE 110mmF2 T*

16028
春がきた


列車が来ない長い時間がゆっくりと過ぎてゆく。
そんな時に今さらながら春を実感する。
只見線 会津柳津-郷戸 HASSELBLAD 201F Planar FE 110mmF2 T*

Vol.808

« ゆずと行く・・由利高原鉄道  伊勢新一郎 | トップページ | LongDistance ☆★☆ Twilight Station Colors ☆★☆   梅村貴子 »

深川俊一郎」カテゴリの記事

コメント

写真と文章、双方が馴染んでいてとても心地良いです。

25‰さま、いつもご覧いただきありがとうございます。清澄な雪国の春は、訪れるたび心が洗われます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/559323/63601436

この記事へのトラックバック一覧です: 奥会津より-急ぎ足の桜前線  深川俊一郎:

« ゆずと行く・・由利高原鉄道  伊勢新一郎 | トップページ | LongDistance ☆★☆ Twilight Station Colors ☆★☆   梅村貴子 »

最近のトラックバック

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30