« トラムの走る町14 ヘルシンキ フィンランド   服部一人 | トップページ | 東海道新幹線ランドスケープ  161030 太和田光一郎 »

2016年10月28日 (金)

遥かなる旅愁-錦秋の彼方へ①  深川 俊一郎

季節外れともいえる名残の夏日があるかと思えば、山の頂は既に白く、平地でも雪の便りが届きます。
雪虫が舞う頃、季節は歩みを速め、ふと疎外感を覚えるほどに秋風が脇から追い越してゆくのです。

16060
覚醒の森


寝覚めの森に、鮮烈な空気が張りつめる。
少し硬い列車の音が心地よく響き渡る。
石北本線 生田原-常紋 HASSELBLAD 201F Distagon CF 50mmF4 T*

16060_2
光彩のみち


ミズナラの黄色いトンネルから降り注ぐ光が心地よい。
リズミカルなカーブを少し冷たい秋風がかすめてゆく。
石北本線 旧白滝-下白滝 HASSELBLAD 201F  Tele-Tessar CF 350mmF5.6 T*

16060_3
秋色スクリーン


風が吹くたび木々が唄いながら踊っている。
濃密に色づく山々は、印象派の筆遣いのように繊細だ。
石北本線 白滝-旧白滝 HASSELBLAD 201F Sonnar C 250mmF5.6 T*

16061
錦秋の彼方へ


ふと立ち止まれば幾重にも連なる錦秋の山がそこにある。
ついさっき去っていった列車の余韻がまだ残っている。
北本線 奥白滝-上白滝 HASSELBLAD 201F Sonnar C 250mmF5.6 T*

Vol.889

« トラムの走る町14 ヘルシンキ フィンランド   服部一人 | トップページ | 東海道新幹線ランドスケープ  161030 太和田光一郎 »

深川俊一郎」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/559323/64398678

この記事へのトラックバック一覧です: 遥かなる旅愁-錦秋の彼方へ①  深川 俊一郎:

« トラムの走る町14 ヘルシンキ フィンランド   服部一人 | トップページ | 東海道新幹線ランドスケープ  161030 太和田光一郎 »

最近のトラックバック

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30