« 鉄道の日によせて 「ルトミエルスクへの旅」   服部一人 | トップページ | 鉄道の日によせて  『シンメトリックな車窓』  太和田光一郎 »

2016年10月16日 (日)

鉄道の日によせて 普段着の駅(スリランカ プッタラム線)  深川俊一郎

線路幅1,676㎜・・・広軌の鉄道を目にするのは初めてです。
イギリス植民地時代に主に紅茶の輸送のために敷設されたこの鉄道は、北海道より小さな島国で総延長1,500Kmとのこと。
夕刻の駅は活気に溢れ、そこには普段の足としての飾らない姿がありました。

16038
斜陽の街角


喧騒がしみ込んだ小さなお店。

16038_2
わが道


人目も気にせず…

16038_3
家路


家が恋しくなる時間。

16039
人・人・人


こんなにたくさんどこから出てきたのだろう。

16039_2
夕涼み


ようやく汗が引いてきた。

16039_3
残照


明日もよい天気でありますように…

HASSELBLAD 500CM Distagon CF 50mmF4 T*

Vol.883

16a_ok

« 鉄道の日によせて 「ルトミエルスクへの旅」   服部一人 | トップページ | 鉄道の日によせて  『シンメトリックな車窓』  太和田光一郎 »

深川俊一郎」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/559323/64335279

この記事へのトラックバック一覧です: 鉄道の日によせて 普段着の駅(スリランカ プッタラム線)  深川俊一郎:

« 鉄道の日によせて 「ルトミエルスクへの旅」   服部一人 | トップページ | 鉄道の日によせて  『シンメトリックな車窓』  太和田光一郎 »

最近のトラックバック

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31