« トラムの走る町 15 ストックホルムの旧型車 スウェーデン   服部一人 | トップページ | 東海道新幹線ランドスケープ  161109 太和田光一郎 »

2016年11月 7日 (月)

遥かなる旅愁-錦秋の彼方へ②  深川 俊一郎

目に見えて日が短くなると、長い宵闇の寂しさが胸に迫ってきます。
陽射しが低くなるほど、そこには印象的な光景が映し出されるのです。

16055
枯色のカンバス


きめ細やかな木々の輪郭が枯色に鈍く光る。
気動車の鮮烈な朱色が目に焼き付いた。
根室本線 尾幌-門静 HASSELBLAD 201F  Tele-Tessar CF 350mmF5.6 T*

16056
海風のみち


東の果てまでやってきた。
絶え間ない海風が低い雲をちぎってゆく。
根室本線 別当賀-落石 HASSELBLAD 201F  Tele-Tessar CF 350mmF5.6 T*

16059
また来週


土曜の午後は、気のせいか足取りが軽やかだ。
帰り道の背中を押すように澄み切った西日が照らしている。
石北本線 生田原-常紋 HASSELBLAD 201F Sonnar C 250mmF5.6 T*

16057
残照・月の出


山が呼んでいる。
冷たく澄んだ空気に包まれた陽と陰の厳かな出会い。
釧網本線 札弦-緑 HASSELBLAD 201F Sonnar C 250mmF5.6 T*

16057_2
明日への想い


秋の日暮れは寂寥感に溢れている。
斜めに交わる道路とレールが、明日への想いを夫々に運んでゆく。
釧網本線 清里町-札弦 HASSELBLAD 201F Distagon CF 50mmF4 T*

Vol.894

« トラムの走る町 15 ストックホルムの旧型車 スウェーデン   服部一人 | トップページ | 東海道新幹線ランドスケープ  161109 太和田光一郎 »

深川俊一郎」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/559323/64454692

この記事へのトラックバック一覧です: 遥かなる旅愁-錦秋の彼方へ②  深川 俊一郎:

« トラムの走る町 15 ストックホルムの旧型車 スウェーデン   服部一人 | トップページ | 東海道新幹線ランドスケープ  161109 太和田光一郎 »

最近のトラックバック

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31