« 駅チカの昭和風情 6 鶴見線国道駅のガード下   服部一人 | トップページ | 東海道新幹線ランドスケープ   170115 太和田光一郎 »

2017年1月12日 (木)

只見線がくれたもの-2017睦月  深川俊一郎

2年連続で雪の少ない寒の入りを迎えました。眠っているはずの地面や山肌が見えるのが何とも不思議な感じです。
残り柿や田んぼに秋の名残を見出しながら、それでも少し遅れて雪はやってくるのでしょう。

17003
寒一息


枯れた田んぼの造形が冷たく広がっている。
足踏みしながら雪は一息ついている。
只見線 会津柳津-郷戸 HASSELBLAD 500CM Distagon CF 50mmF4 T*

17002
冬の扉


遅い冬は名残の彩がそこここにある。
残り柿が色あせてくれば冬はそろそろ本番だ。
只見線 早戸-会津水沼 HASSELBLAD 500CM Sonnar C 250mmF5.6 T*

17001
遅い雪


枯色に凍り付いた桐花が寒々しい。
遅い雪はかえって寂寥感が漂う。
只見線 早戸-会津水沼 HASSELBLAD 500CM Distagon CF 50mmF4 T*

Vol.935

« 駅チカの昭和風情 6 鶴見線国道駅のガード下   服部一人 | トップページ | 東海道新幹線ランドスケープ   170115 太和田光一郎 »

深川俊一郎」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/559323/64751955

この記事へのトラックバック一覧です: 只見線がくれたもの-2017睦月  深川俊一郎:

« 駅チカの昭和風情 6 鶴見線国道駅のガード下   服部一人 | トップページ | 東海道新幹線ランドスケープ   170115 太和田光一郎 »

最近のトラックバック

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31