« ウィーンのインダストリアルナロー博物館(下)   服部一人 | トップページ | Df散歩 170221 太和田光一郎 »

2017年2月18日 (土)

遥かなる旅愁-風雪の狭間②  深川俊一郎

鈍色の雪雲の奥底から微かに太陽の存在が認められれば、吹雪も一息です。
マイナス20℃を下回ってくれば、張りつめた空気にその鮮烈な濃度を痛いほど感じるのです。

17008
雪華踊る


白い静寂の朝がやってきた。
繊細に霧氷を纏った木々が朝日を受けて踊りだす。
根室本線 金山-東鹿越 HASSELBLAD 500CM Sonnar C 250mmF5.6 T*

16018
雪煙きらめく


列車は深い青空に吸い込まれていくようだ。
雪煙が少し後から白いベールとなって追いかけてゆく。
根室本線 金山-東鹿越 HASSELBLAD 500CM Distagon CF 50mmF4 T*

17008_2
語らいの大地


凍てつく白い大地はどこまでも孤独だ。
風の合間に木々がささやかに語りかけてくる。
根室本線 金山-東鹿越 HASSELBLAD 500CM Tele-Tessar CF 350mmF5.6 T*

Vol.947

« ウィーンのインダストリアルナロー博物館(下)   服部一人 | トップページ | Df散歩 170221 太和田光一郎 »

深川俊一郎」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/559323/64902258

この記事へのトラックバック一覧です: 遥かなる旅愁-風雪の狭間②  深川俊一郎:

« ウィーンのインダストリアルナロー博物館(下)   服部一人 | トップページ | Df散歩 170221 太和田光一郎 »

最近のトラックバック

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31