« LongDistance *** 冬北行 2017 その3 < SOYA Winter Colors > *** 梅村貴子 | トップページ | 遥かなる旅愁-風雪の狭間②  深川俊一郎 »

2017年2月15日 (水)

ウィーンのインダストリアルナロー博物館(下)   服部一人

_2015_09

_2015_09__3

_2015_09_05_0034

_2015_09_05_0305

_2015_09_05_0310

_2015_09_05_0017

このシュヴェヒャート鉄道博物館はナローのほかにも標準軌の展示もあります。屋内には整備された車両。屋外にはこれからレストアを待つ車両が置いてあります。機関車、客車、貨車と雑多な車両が保存されていますが、その多くが小型車両です。ウィーン近郊で博物館の土地が狭いという理由もあるでしょうが、僕には、これはオーナーの趣味だという気がしました。

この手のフェルトバーン博物館はどこもそうですが、ボランティアの方々があちこちで働いています。車庫の中で車両のレストアをコツコツとしている人、売店でキップやおみやげを売っている人、展示車両の前で説明する人、遊覧列車のDLを運転する人。そうした雰囲気が愛好家のグループのクラブ活動のようで、実に好ましい感じなのです。展示場は彼らのクラブハウスであり、構内はグラウンドです。日本にもこういう保存鉄道がもっと多くできたらいいのに、と思います。

_2015_09_05_0249

_2015_09_05_0256

_2015_09_05_0245
構内の線路を利用してかわいいDLの遊覧列車が走ります。客車はここで製作したもののようです。

CANON EOS60D, EF17-40/4L                                                                    VOL.956

« LongDistance *** 冬北行 2017 その3 < SOYA Winter Colors > *** 梅村貴子 | トップページ | 遥かなる旅愁-風雪の狭間②  深川俊一郎 »

服部一人」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/559323/64868752

この記事へのトラックバック一覧です: ウィーンのインダストリアルナロー博物館(下)   服部一人:

« LongDistance *** 冬北行 2017 その3 < SOYA Winter Colors > *** 梅村貴子 | トップページ | 遥かなる旅愁-風雪の狭間②  深川俊一郎 »

最近のトラックバック

2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30