« 駅チカの昭和風情 7 名古屋地下鉄伏見駅   服部一人 | トップページ | 久方ぶりの長崎  170518 太和田光一郎 »

2017年5月15日 (月)

遥かなる旅愁-息吹の駅  深川俊一郎

桜前線が海峡を渡ると、思い出したようにように春が急ぎ足でやってきます。
本線という名のローカル線に、小さな小学校を思わせる立派な旧駅がありました。

170261

170241

170262

170285

170286
息吹の駅


冷たい春風がまっすぐな清流のごとく、息吹を運んでくる。
古い駅にはどこかホッとする温かさがある。
函館本線 鹿部 HASSELBLAD 201F  Distagon CF 50mmF4 T*

Vol.975

« 駅チカの昭和風情 7 名古屋地下鉄伏見駅   服部一人 | トップページ | 久方ぶりの長崎  170518 太和田光一郎 »

深川俊一郎」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/559323/65279979

この記事へのトラックバック一覧です: 遥かなる旅愁-息吹の駅  深川俊一郎:

« 駅チカの昭和風情 7 名古屋地下鉄伏見駅   服部一人 | トップページ | 久方ぶりの長崎  170518 太和田光一郎 »

最近のトラックバック

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30