« 2017年4月 | トップページ | 2017年6月 »

2017年5月

2017年5月30日 (火)

Df散歩 60sec Story 太和田光一郎

Pmd_1866kt_

Pmd_1863ky_

Pmd_1886k_

Pmd_1891k_

Pmd_1889kt_
ある晴れた日、通勤途中の60秒間のドラマです。

2017.3.16 東京メトロ東西線 西葛西-南砂町間 (荒川橋梁通過)   Nikon Df  55mm F3.5    Vol.980

2017年5月27日 (土)

路面電車紀行‐春風の函館市電  深川俊一郎

潮風が少しぬるく感じてくると、北の街にも活気が戻ってきます。
春風に揺られて、路面電車の重厚な音も少し軽やかです。

17023
潮風の街


店の軒先は、身近な台所だ。
函館市電 深堀町 HASSELBLAD 201F  Distagon CF 50mmF4 T*

17023_2
変わらないもの


変わらなくてホッとする佇まいがそこにある。
函館市電 深堀町 HASSELBLAD 201F  Distagon CF 50mmF4 T*

17028
邂逅


一瞬の出会いの中に、ささやかな春の喜びがあった。
函館市電 杉並町-柏木町 HASSELBLAD 201F  Sonnar C 250mmF5.6 T*

Vol.979

2017年5月24日 (水)

駅のたたずまい 7 プリンシペ・ピオ駅 スペイン   服部一人

_khf9718

_khf9710

_khf9704

プリンシペ・ピオはスペインの首都マドリード市内の駅である。古めかしい鉄骨の大屋根が駅を覆っているのは、かつてはここが大きなターミナル駅だった頃の名残である。構内に頭端式のホームが残るが、現在はマドリード市内環状線の駅のひとつとしてひんぱんに近郊列車が走っている。駅はモダンに改装されているが、一部に古い駅舎を残し、新旧の取り合わせがなかなかすてきだ。

ここはRENFE(スペイン国鉄)と地下鉄が交わる乗換駅なのだが、この2つはほぼ直交している。プリンシペ・ピオ駅をもっとも特徴づけるのは地下鉄のホームが吹き抜けになっていることだ。RENFEの構内からも地下鉄ホームを見下ろすことができ、天気のよい日には高い大屋根から地下鉄まで光がふりそそぐ。さらに吹き抜けの地下鉄ホームのすぐ上をRENFEの鉄橋が地下鉄ホームを横切るようにまたいでいる。立体的で大胆な構造の駅なのだ。

_khf9705
RENFEから地下鉄ホームにエスカレーターでおりると、すぐ頭上にはつや消し黒の鉄橋がある。列車が通過するときには大屋根に反響して大きな音がする。

_khf9696

_khf9729

FUJI X-T2, Fujinon XF10-24/4 R                                VOL.978

2017年5月21日 (日)

LongDistance ・・・・・ とある休日 ・・・・・  梅村貴子

170521_001ok_3
__

170521_002ok

170521_003ok

170521_004ok

170521_005ok
__

170521_006ok

仙台市宮城野区港
Canon EOS 6D 17-40mm F4 / SONY α7R2 70-200mm F4
Vol.977

2017年5月18日 (木)

久方ぶりの長崎  170518 太和田光一郎

Pmd_8267kt_

久方ぶりの長崎での仕事のため、ヒコーキで前日入り。リムジンバスが駅前に着いたのは20:00を回っていましたが、ホテルに行くまでの間、撮影を楽しみました。

下の写真は、駅前の歩道橋からの撮影です。3枚目の写真は築町の電停をバスの車内から撮っています。

翌日は朝から快晴になり、茂里町まで乗車して仕事場へ…。

昼休みに外に出てスナップしたのが上の写真です。

Pmd_8058k_

Pmd_8114kt_

Pmd_7955kt_

オマケ:JR長崎駅を見学した後、裏側のヤードがあったところへ行ってみると、すでに線路は剥されており再開発の真っ只中でした。(写真下)

博多から新幹線がやってくるのは、いつ頃なのでしょうか。

Pmd_8133k612_ 長崎電気軌道 撮影:2017.4.29-30  Nikon D5  16-35mm F4   70-200mm F4     Vol.976

2017年5月15日 (月)

遥かなる旅愁-息吹の駅  深川俊一郎

桜前線が海峡を渡ると、思い出したようにように春が急ぎ足でやってきます。
本線という名のローカル線に、小さな小学校を思わせる立派な旧駅がありました。

170261

170241

170262

170285

170286
息吹の駅


冷たい春風がまっすぐな清流のごとく、息吹を運んでくる。
古い駅にはどこかホッとする温かさがある。
函館本線 鹿部 HASSELBLAD 201F  Distagon CF 50mmF4 T*

Vol.975

2017年5月12日 (金)

駅チカの昭和風情 7 名古屋地下鉄伏見駅   服部一人

_dsf1247

_dsf1269

久しぶりの「〜昭和風情」シリーズ。今回は僕の出身地名古屋です。名古屋地下鉄の栄地下街は有名だけど、伏見駅にこんな地下街があるとは18歳まで名古屋で暮らした僕もまったく知りませんでした。

場所は伏見駅栄方面ホームの南端に改札口があり、そこから数百メートルほど天井の低い一本道の地下街が続いています。地下街は繊維問屋などが集まる長者町あたりまで来て地上にあがる出口で終わっています。

店舗数は40軒ちょっと。お決まりの居酒屋、飲食関係のほか、金券ショップ、雑貨屋、マッサージ屋などいろいろです。「長者町横町」という看板も見ましたが、正式名は「伏見地下街」というみたいです。

雰囲気はいかにも昭和ですが、それだけなら全国には似たような地下街はまだほかにあります。ここのおもしろさはふしぎなディスプレイがいくつもあることです。以下、それぞれ見ていくことにしましょう。

_dsf1250
地下街だけあって、地下鉄の絵が飾ってあるのですが、車輪が円ではなく12角形に見えます。何か理由があるのでしょうか。

_dsf1256

壁に青い階段のような模様がペイントされているのですが、そこになぜか実物のサンダルが貼り付けてあります。現代美術の作品なのでしょうか。

_dsf1253

_dsf1262
時計屋さんのディスプレイですが、顔のところが時計になってます。3つ並んだ時計は、よくロンドン、パリ、東京などと書いてあるものですが、ここは何も記載がなく意味不明です。

_dsf1268

ギターを使ったブルース道場だそうです。

_dsf1263
ここに飾られている絵はどれも1点1万円の大サービスだそうです。それぞれの絵にはちゃんと作者名が入っていて、「38,000円→10,000円」とか「67,000円→10,000円」などと書かれています。

_dsf1260

_dsf1258
床にビューポイントと書かれた足跡がありますが、そこに立って指示された方角を見ても店先に置かれた荷物しか見えません。どう見ても大したビューポイントではないようにみえるのですが…。

_dsf1287

_dsf1302
この地下街は23時に閉まるようですが、地上の出入口には丁寧にその10分前までに入場するように但し書きがあります。この出入口自体もふしぎなブルーで塗装されていて、いかにも怪しげです。地下に広がる魔界に降りていくようなワクワク感があります。

あとから調べたら、ここは1957年の地下鉄開業とともにできた名古屋でもっとも古い地下街のひとつでした。僕の生まれる前だ! どおりで昭和の香り満点のわけです。2013年のあいちトリエンナーレの際に会場のひとつになって、このブルーの出入り口やビューポイントなどもその時にできたらしい。昭和の風情に現代アートの組みあわせ、なかなかイケてます。

FUJI X-T2, FUJINON XF35/2                                                                      VOL.974


2017年5月 9日 (火)

LongDistance ☆★☆ Twilight Freight Station Colors in 石巻 ☆★☆   梅村貴子

170509_001ok_2


170509_002ok_2

170509_003ok

170509_004ok

170509_002ookk

170509_006ok

☆★☆★☆★☆ 夕刻にもくもくと働くDE10スマイル君を眺めながらの色採集

170509_007

JR東日本  石巻駅
Canon EOS 6D 17-40mmF4L / Sony α7R2  70-200mm F4
vol.973

2017年5月 6日 (土)

東海道新幹線ランドスケープ   170506  太和田光一郎

Pmd_5222krafa_
世界のFUJITEC。世界のSHINKANSEN…。

2017.4.16 東海道新幹線 京都-米原間  Nikon D5    70-200mm F4            Vol.972

2017年5月 3日 (水)

あたたかな日-ひたちなか海浜鉄道  深川俊一郎

風のない暖かな日は、少しだけ淀んだ空気が優しく包み込んでくれます。
心地よさと少しの気だるさに、ぼんやりと春を実感するのです。

09011
春の歌声


春風に乗って、かすかにギターの音が聞こえてきた。
春の小駅は小さな舞台。
ひたちなか海浜鉄道 中根 HASSELBLAD 500CM Distagon CF 50mmF4 T*

09012
春野道


柔らかな西日が春の野を飴色に染めてゆく。
長くなった日差しが追憶の世界へといざなう。
ひたちなか海浜鉄道 金上-中根 HASSELBLAD 500CM Planar CF 80mmF2.8 T*

09012_2
夕映え


散歩道をゆっくりと進んでみる。
レールと桜の狭間に、ゆっくりと時が流れていた。
ひたちなか海浜鉄道 金上-中根 HASSELBLAD 500CM Distagon CF 50mmF4 T*

Vol.971

« 2017年4月 | トップページ | 2017年6月 »

最近のトラックバック

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30