« LongDistance ◇◇◇ Window Wind * 2017 Rainy ◇◇◇ 梅村貴子 | トップページ | 只見線がくれたもの-2017水無月 特別編  深川俊一郎 »

2017年6月27日 (火)

トラムの走る町 21 とさでん交通  高知   服部一人

_dsf2001

_dsf2025
後免線の知寄町3丁目より東は、だいたい専用軌道か路側軌道ふうである。最近は広告電車も増えて、それはそれで経営のためにはやむを得ないことと理解するが、こうして旧塗装の213号を見ると、「やっぱり、これだよなぁ。」と納得する電車としての美しさがある。

_dsf2062

_dsf1937

「トラムの走る町〜」シリーズも20回をこえる記事になったが、今までは外国の路面電車ばかりだった。これまでにも阪堺電車や広電、都電荒川線など日本の路面電車を記事にしてきたが、このシリーズには含めず単独記事の扱いだった。今後、国内外を問わず路面電車は「トラムの走る町~」シリーズに統一しようと思う。さて、その国内第1回は先頃訪れた、とさでん交通を取り上げることにしよう。

とさでん交通は経営統合によって2014年に新しくできた会社だが、路面電車に関しては僕のような世代では「とさでん」と言った方がなじみがある。四国は高知市内を走る路面電車である。

有名なはりまや橋で交差する東西南北の路線を持つとさでん交通だが、この中の東西の路線は、はりまや橋を境にして西が伊野線、東側が後免線となっているが、相互に直通運転をおこなっている。

この両線の両端あたりは路側軌道ふうになっていて僕の趣味心をくすぐる。かつてポーランドのウッチ(こちら→http://blog.rail-on.com/2016/10/post-ed18.html )、チェコのリベレツ(こちら→http://blog.rail-on.com/2016/05/9-5433.html )など海外の味わい深いトラムを訪ねた路側軌道好きの私である。もし自分が外国人で日本に撮影に来ることがあったら、迷わずこの高知を訪ねたであろう。高知にはかつての懐かしい路側軌道の名残がある。

_dsf2147

_dsf2317
一方の伊野線は鏡川橋より先は橋を渡って伊野まで単線になる。途中、朝倉で懐かしいタブレットの交換がある。

_dsf2251

_dsf2286

こちらも路側軌道ふうの雰囲気が味わえるし、なかなかシブイ電停もある。

_dsf2203

_dsf2189
終点伊野のすぐ手前には、かつて使用されていた留置線への引き込み線跡がある。現在は分岐ポイントは埋められてしまい留置線は使われていないが、まだ線路はあり、今はパーク&ライドの駐車場として使われている。

_dsf2380
とさでん交通といえば、僕の地元、名鉄美濃町線からきた590型も健在だ。久しぶりに懐かしい姿を見た。

_dsf2410
桟橋車庫は南国らしい雰囲気。

_dsf2109
とさでん交通にも新しいLRTが走っている。古い物好きな僕だけど、こうして新型によって利便性が向上し、市民の足として活躍するのが今後のトラムの生きる道なのだと思う。

FUJI X-T2 FUJINON XF35/2  XF10-24/4 SUMICRON50/2               VOL.991

« LongDistance ◇◇◇ Window Wind * 2017 Rainy ◇◇◇ 梅村貴子 | トップページ | 只見線がくれたもの-2017水無月 特別編  深川俊一郎 »

服部一人」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/559323/65461957

この記事へのトラックバック一覧です: トラムの走る町 21 とさでん交通  高知   服部一人:

« LongDistance ◇◇◇ Window Wind * 2017 Rainy ◇◇◇ 梅村貴子 | トップページ | 只見線がくれたもの-2017水無月 特別編  深川俊一郎 »

最近のトラックバック

2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31