« トラムの走る町 22 マドリード スペイン   服部一人 | トップページ | 久方ぶりの一番列車  170715   太和田光一郎 »

2017年7月12日 (水)

線路端の光景-13 鳴らない踏切  深川俊一郎

列車が去った後には・・・長くゆったりとした時間と空間が流れてゆきます。
そこにはいつも、いずれまたやって来る次の列車の予感があるのです。
線路から付かず離れず、そこにある名もない小さな一瞬を見つけては、ささやかなアルバムの1ページを重ねてゆきます。

16042

16042_2

16042_3

16042_4
鳴らない踏切


北海道における鉄道の礎である手宮線跡は、街の喧騒から逃れられる静かな散歩道だ。
遅い紫陽花と涼しい木陰が、北国の夏を感じさせる。
旧手宮線 HASSELBLAD 201F Distagon CF 50mmF4 T*・Planar FE 110mmF2 T*

Vol.996

« トラムの走る町 22 マドリード スペイン   服部一人 | トップページ | 久方ぶりの一番列車  170715   太和田光一郎 »

深川俊一郎」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 線路端の光景-13 鳴らない踏切  深川俊一郎:

« トラムの走る町 22 マドリード スペイン   服部一人 | トップページ | 久方ぶりの一番列車  170715   太和田光一郎 »

最近のトラックバック

2022年1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31