« 只見線がくれたもの-2017水無月 特別編  深川俊一郎 | トップページ | LongDistance 〜〜〜 奥行臼 ORANGE Window 〜〜〜 梅村貴子 »

2017年7月 3日 (月)

久方ぶりの北九州  170703   太和田光一郎

Pmd_8482kt_

空飛ぶモノレールたちがあまりにカッコいい。

Pmd_8569kt_

オリジナル塗色車が企救丘を出発してゆく。

Pmd_8482k66_

Pmd_8695k_

Pmd_8697k_

最近リニューアルされた『銀河鉄道999』号

Pmd_8786k66_

暮色の企救丘を後にする鮮やかなラッピング車。

Pmd_8870k_

もうじき夏至。19:30近くになっても、まだまだ撮れる明るさだ。

Pmd_8934k__4

久方ぶりの北九州。今回も仕事で前日に小倉入りした。私が初めてこの地へ訪れたのは、北九州モノレールが開業した1985年。終点の企救丘周辺は、当時もずいぶん宅地化されてはいたが、沿線には高層マンションが林立していて景観が激変していた。

また、ラッピング車両が多いのも特徴のひとつ。カラフルな編成が次から次へやって来る。これは一日いても飽きることがなさそうだ。

Pmd_8502kt__2

Pmd_8890kt__4

企救丘にある車両基地・小倉駅のにぎわい(写真左)

ホテルは今回も東横インに予約。ラッキーなことに、またしても一番端の部屋だったので、窓から小倉駅を出発するモノレールがバッチリ狙えた。高さもちょうどいい。(写真右上)

撮影:2017.6.17 Nikon D5  24-70mm  70-200mm  Vol.993

開業して間もない頃。現在は手前にマンションが建ってしまい、もう撮ることの出来ない貴重なカット。撮影:1985.12.28 志井-嵐山口間(写真下) Nikon F3  180mm F2.8  PKR

Image1k__3

« 只見線がくれたもの-2017水無月 特別編  深川俊一郎 | トップページ | LongDistance 〜〜〜 奥行臼 ORANGE Window 〜〜〜 梅村貴子 »

太和田光一郎」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 久方ぶりの北九州  170703   太和田光一郎:

« 只見線がくれたもの-2017水無月 特別編  深川俊一郎 | トップページ | LongDistance 〜〜〜 奥行臼 ORANGE Window 〜〜〜 梅村貴子 »

最近のトラックバック

2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29