« LongDistance ○○○ 月夜の晩に・・・ ○○○  梅村貴子 | トップページ | 駅前のねこ-1 いつも一緒  深川俊一郎 »

2017年10月24日 (火)

トラムの走る町 25 ポルト トラム博物館   服部一人

_khf2548
電車のうしろ、STCP(ポルト公共交通協会の意。ポルト市のトラム、バスなど公共交通を運営する団体。)と書かれた建物が博物館だ。隣接して実際のトラムの車庫もある。

_khf2555
ポルトのトラムは1872年の開業から30年あまりは馬車軌道だった。その頃の車両もある。

ポルトガル第2の都市、ポルト。有名な首都リスボンのトラムと並んで、このポルトにもトラムが走っている。そちらはまた後日ご案内するとして、まずはポルトのトラム博物館の紹介です。

1992年に開館したこの博物館は、もと発電所だった施設を改装して展示している。白い壁に自然光がよく入る明るい展示室だ。ここには歴史的車両20数両が展示されている。二軸単車の展示が多いが、一部にボギー車もある。

現在ポルトで走っているトラムもクラシックなスタイルの好ましい二軸単車だが、さらにオールドファッションの味わい深い車両ばかりで、古いもの好きな私としてはじっくりと時間をかけて見学した。

_khf2557

こちらは1928年製オープンスタイルのトラム。1995年にレストアされたそうだ。

_khf2560

No.250は1927年製。街路灯もクラシックでいい雰囲気。

_khf2562

No.274は1928年製のボギー車。

_khf2567

こちらはずっとモダンなスタイルになった1951年製。

_khf2572

架線工事をおこなう事業用車。

_khf2576
もと発電所だったので、その方面の展示もある。

_2017_03_03_045

_2017_03_03_048
隣接する車庫にはイベントやチャーターで使用される自走可能な車両や、かわいい事業用車の姿も見える。

ポルトトラム博物館、アクセスとガイド

所在地はポルト市のAlameda Basilio(アラメーダ バジーリオ)通り。ポルト市を流れるドゥエロ川に面したところ。トラム1番系統のMuseu do Carro Electrico(トラム博物館)電停を降りると目の前。

開館時間は月曜は14時ー18時、火曜から日曜は10時ー18時。元旦とクリスマス以外は年中無休。入場は閉館30分前まで。料金は大人8ユーロ。小さなミュージアムショップもあり、書籍やグッズも買える。

FUJI X-T2 FUJINON XF35/2  XF10-24/4  CANON EOS5DMarkⅡ EF70-200/4L         VOL.1032


« LongDistance ○○○ 月夜の晩に・・・ ○○○  梅村貴子 | トップページ | 駅前のねこ-1 いつも一緒  深川俊一郎 »

服部一人」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: トラムの走る町 25 ポルト トラム博物館   服部一人:

« LongDistance ○○○ 月夜の晩に・・・ ○○○  梅村貴子 | トップページ | 駅前のねこ-1 いつも一緒  深川俊一郎 »

最近のトラックバック

2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31