« 2017年9月 | トップページ | 2017年11月 »

2017年10月

2017年10月30日 (月)

品川リバイバル  高輪橋架道橋Vol.2  太和田光一郎

Pmd_4583k_
前回に引き続き、高輪橋架道橋をご覧いただきたい。

この地下道はご存知のように一方通行路で、国道15号線(第一京浜)から進入し、港南側が出口になっているが、今回はあまり写真を見かけることが少ない港南側を中心にご紹介する。

この記事をまとめるにあたって、長年、東京機関区にお勤めだった元国鉄マンの方にお話を伺った。この階段には特に名称は無かったようで、毎日、通勤で泉岳寺駅から歩いてこの地下道内の階段を通っていたそうだ。

当時、国鉄職員のほかに、高輪側の右角にあった日本食堂高輪営業所の方々が利用していたようだ。

長い地下道を出て道なりに品川方へ進むと、右側に東海道新幹線の高架があり、しばらくすると品川客車区へ入るための無人踏切があった。

Pmd_4605k__4

新幹線と併走する汐留からの貨物線が、東海道線の下り線と繋がっており、ゴハチの急荷・入れ換えのDD13などが次々にやってきて、一日いても飽きることのない私の大好きな撮影地の一つだった。

前回、ご紹介した階段に取り付けられているパスワードロック式のドア。現在もJRの社員の方や、工事関係者の方々が利用しているのだろうか。だとすると、ドアの奥にはそのまま階段が残っているのかもしれない。(写真上)

後から作られた階段は完全に閉鎖されている。(写真右上)

19791103_02kt__2

19791103_01kt_

高2の夏、念願だった超広角の24mmをバイトをして購入した。さっそく階段をコダクロームで再撮して、奥行き感のある写真になった思い出の一枚だ。それと港南側から見た地下道内。(写真上 撮影:1979年11月3日)

19791103_03kt__3

階段を上り、頭を出して札の辻群線の田町方を撮った。この時、すでに20系寝台特急の姿はない。(写真左・撮影:1979年11月3日)

それからちょうど一年後、品川方を撮影。品川機関区のDD13が元気に入れ換えをしている姿が見19801103_01kt_える。(写真左下・撮影:1980年11月3日)

現在の港南側の出口。当時の貨物線の上には、東海道新幹線の高架線が作られた。右側には運河があったが、埋め立てられて今は公園になっている。(写真下)

A_2

Pmd_4619k_

 中2の夏、いちばん品川の撮影に付き合ってくれたクラスメイトのN君と一緒に撮った汐留に向かうEF58 128号機が牽引する荷36列車の後追い。高輪橋架道橋の出口のところだ。右端に写っている標識には高さ制限が1.5mとある。最後尾のマニ60の手前の線路は、千代田倉庫への引上線、清田専用線だ。(写真下・撮影:1976年8月7日)

特記以外 撮影:2017年7月11日  Nikon Df   14-24mm F2.8     Canon EF   FD24mm F2   FD50mm F1.4   FD55mm F1.2    Vol.1034

19760807_01kt__3

2017年10月27日 (金)

駅前のねこ-1 いつも一緒  深川俊一郎

駅にネコがいる。さりげなく、少し遠慮がちに、時には我が物顔に。
ネコがいる駅は、どこか温かいのです。

17053

17055_2

17056
いつも一緒


秋風に吹かれて、駅前にチビたちがいる。
人懐っこいクロと、愛くるしいキジトラはいつも一緒だ。
只見線 会津坂下 HASSELBLAD 201F Distagon CF 50mmF4 T*

Vol.1033

2017年10月24日 (火)

トラムの走る町 25 ポルト トラム博物館   服部一人

_khf2548
電車のうしろ、STCP(ポルト公共交通協会の意。ポルト市のトラム、バスなど公共交通を運営する団体。)と書かれた建物が博物館だ。隣接して実際のトラムの車庫もある。

_khf2555
ポルトのトラムは1872年の開業から30年あまりは馬車軌道だった。その頃の車両もある。

ポルトガル第2の都市、ポルト。有名な首都リスボンのトラムと並んで、このポルトにもトラムが走っている。そちらはまた後日ご案内するとして、まずはポルトのトラム博物館の紹介です。

1992年に開館したこの博物館は、もと発電所だった施設を改装して展示している。白い壁に自然光がよく入る明るい展示室だ。ここには歴史的車両20数両が展示されている。二軸単車の展示が多いが、一部にボギー車もある。

現在ポルトで走っているトラムもクラシックなスタイルの好ましい二軸単車だが、さらにオールドファッションの味わい深い車両ばかりで、古いもの好きな私としてはじっくりと時間をかけて見学した。

_khf2557

こちらは1928年製オープンスタイルのトラム。1995年にレストアされたそうだ。

_khf2560

No.250は1927年製。街路灯もクラシックでいい雰囲気。

_khf2562

No.274は1928年製のボギー車。

_khf2567

こちらはずっとモダンなスタイルになった1951年製。

_khf2572

架線工事をおこなう事業用車。

_khf2576
もと発電所だったので、その方面の展示もある。

_2017_03_03_045

_2017_03_03_048
隣接する車庫にはイベントやチャーターで使用される自走可能な車両や、かわいい事業用車の姿も見える。

ポルトトラム博物館、アクセスとガイド

所在地はポルト市のAlameda Basilio(アラメーダ バジーリオ)通り。ポルト市を流れるドゥエロ川に面したところ。トラム1番系統のMuseu do Carro Electrico(トラム博物館)電停を降りると目の前。

開館時間は月曜は14時ー18時、火曜から日曜は10時ー18時。元旦とクリスマス以外は年中無休。入場は閉館30分前まで。料金は大人8ユーロ。小さなミュージアムショップもあり、書籍やグッズも買える。

FUJI X-T2 FUJINON XF35/2  XF10-24/4  CANON EOS5DMarkⅡ EF70-200/4L         VOL.1032


2017年10月21日 (土)

LongDistance ○○○ 月夜の晩に・・・ ○○○  梅村貴子

171021_001_2
____

171021_002
____

171021_003
____

171021_004ok
_____

171021_005_2

JR北海道 石北本線 生田原駅
Canon EOS 6D   17-40mm F4L
vol.1031

2017年10月18日 (水)

品川リバイバル  高輪橋架道橋Vol.1  太和田光一郎 

Pmd_4469k_

Pmd_4539kt_再開発で激変し続けている品川-田町間ですが、今回は昔のままで残っている高輪橋架道橋をご紹介いたします。すっかり有名になったこの地下道は、 『タクシーの提灯殺し』との異名を持つ、天井の低さではトップクラスの東京の新名所です。

先日、東京モノレールの撮影に行く時、朝8時過ぎに通ったんですが、往来の多さにビックリ。その殆どがビジネスマンで、海側にあるオフィスに向かっているのでしょう。しかし、これだけ利用されている地下道ですが、近い将来、廃止されるそうです。

また一つ、品川の思い出が消えてゆきます。

 撮影:2017.7.11  Nikon Df   14-24mm F2.8   RF500mm F8

Pmd_4514k_

ふと脇の側溝へ目をやると、何やら動くものを発見!レンズを付け替えて覗いてみると、小さなカニが何匹もいて海が近いことを実感する。(写真左)

以前、この地下道の途中には、品川客車区の構内(札の辻群線)へ出ることができた階段が存在した。(写真右下)

Img031kt__2私がこの地下道を知ったのは、1973年小5の時、クラスメイトのS君と初めて品川客車区へ撮影に来たときだった。

よく見ると、階段には『子供は入ってはいけません』とペンキで書かれていたが、我慢できず恐る恐る上にあがって見ると、憧れの20系ブルートレインが何本も眼前に止まっていて、えらく興奮したことを昨日のことのように思い出す。

それから4年後、思い出の階段を記録した写真が残っている。日の当たっているところは、あとで焼き込もうと考えながらシャッターを切ったことを覚えている。

この階段を上がったことのある方は大勢いらっしゃると思うが、写真を撮っている方は数少ないことだろう。 

その後、二つ目の階段が新設されたが、しばらくして二ヶ所とも閉鎖され、現在に至っている。 (写真上の階段には、数年前からパスワードロック式ドアが設置されている)   

撮影:1977.8.1  Canon EF   FD55mm F1.2   トライX     Vol.1030

 

 

 

2017年10月15日 (日)

只見線がくれたもの-2017神無月  深川俊一郎

例年よりだいぶ遅れて、会津盆地が黄金色に染まりました。
不順な夏が終わり、季節は一進一退を繰り返しながら、深まってゆきます。

17056
収穫日和


久しぶりの秋晴れに、皆が収穫に忙しい。
稲の芳ばしい香りが、高いそらに吸い込まれてゆく。
只見線 会津高田-根岸 HASSELBLAD 201F Distagon CF 50mmF4 T*

17055
秋天の里


ゆっくりと、ゆっくりと、時が流れてゆく。
山の向こうから少し冷たい風が吹いてきた。
只見線 会津高田-根岸 HASSELBLAD 201F Tele-Tessar CF 350mmF5.6 T*

Vol.1029

2017年10月12日 (木)

列車のこない駅   服部一人

_kzf5459

_kzf5452

_kzf5444

アフリカ中部の内陸国にマラウイという国がある。といっても、ほとんどの日本人にとってはまったく馴染みもなく、知名度も低い。周辺を大きな国に囲まれた弱小国といっていいだろう。

このマラウイでは鉄道はほとんど機能していない。隣国であるザンビア、港があるモザンビークと線路はつながっているのだが、旅客営業はなく、貨物列車もたまにしか走らない。廃止になったというわけではないようだが、鉄路はすっかり錆びつき、ところどころで砂に埋もれている。線路は沿線の村の住民にとってはただの生活道路になっている。

この駅もかつて旅客列車が走っていた時期もあった。今では列車のくる気配はまったくなく、駅舎は学校の教室として転用されていた。

_kzf5447

_kzf5442

FUJI X-T2 Fujinon XF35/2,  FUJI X-100F Fujinon XF23/2                         VOL. 1028

2017年10月 9日 (月)

LongDistance *** WEST LIGHT STORY ***   梅村貴子

171009_001
_______

171009_002
_

171009_003
_____

171009_004
______

171009_005

仙台臨海鉄道
Canon EOS 6D 17-40mm F4 / SONY α7R2 70-200mm F4
Vol.1027

2017年10月 6日 (金)

TOKYO RAILWAY 171006 太和田光一郎

Pmd_4352kt_

少し前の話ですが、普段、行くことの少ない渋谷に久しぶりに下車すると、再開発工事の真っ只中、大きいビルディングが何棟も建設中でした。

今、渋谷は新しく生まれ変わろうとしています。

Pmd_4502k_

この日、渋谷カルカルにて行われたイベント 『国鉄電車ナイト~国鉄の名車を写真と共に熱く楽しく語る夜!』に参加した時のスナップを少しご紹介いたします。

この催しは、誠文堂新光社『最後の国鉄電車ガイドブック』の発刊を記念して行われたイベントで、以前、廣田尚敬さんが出版された形式写真集(山と渓谷社刊)を撮るために手作りされた、世界でたった一台の自作カメラや、70mmフィルムの原板(EPR)、フラッシュ機材などを拝見出来て、とても楽しい夏の夜のひと時でした。

撮影:2017.8.13 東京メトロ銀座線 渋谷駅前   Nikon Df   24-70mm    70-200mm    Vol.1026

Pmd_4510k__2Pmd_4435k_

2017年10月 3日 (火)

只見線がくれたもの-2017長月  深川俊一郎

特定されなかった梅雨明け、長雨と日照不足・・・いつの間にか終わった夏に、遅れてきた残暑。
農作物への影響は少し心配ですが、それでも秋はやってきました。大地は実り、草花は優しく風に吹かれているのです。

17050
線路端の秋桜


華やかだけど、少し寂しげな初秋の彩り。
涼風にゆっくりと揺れている。
只見線 会津柳津-郷戸 HASSELBLAD 201F Planar FE 110mmF2 T*

17050_2
白秋


蕎麦の花と只見線は、色合いがとても似ている。
少し冷ややかな風が、実りの秋を運んでくる。
只見線 会津坂本-会津柳津 HASSELBLAD 201F Planar FE 110mmF2 T*

17051
気まぐれな空


振り向けば秋の空。
黄金色の穂波が吸い込まれるような、大らかな雲が広がっていた。
只見線 会津高田-根岸 HASSELBLAD 201F Distagon CF 50mmF4 T*

Vol.1025

« 2017年9月 | トップページ | 2017年11月 »

最近のトラックバック

2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30