« 只見線がくれたもの-2017神無月  深川俊一郎 | トップページ | LongDistance ○○○ 月夜の晩に・・・ ○○○  梅村貴子 »

2017年10月18日 (水)

品川リバイバル  高輪橋架道橋Vol.1  太和田光一郎 

Pmd_4469k_

Pmd_4539kt_再開発で激変し続けている品川-田町間ですが、今回は昔のままで残っている高輪橋架道橋をご紹介いたします。すっかり有名になったこの地下道は、 『タクシーの提灯殺し』との異名を持つ、天井の低さではトップクラスの東京の新名所です。

先日、東京モノレールの撮影に行く時、朝8時過ぎに通ったんですが、往来の多さにビックリ。その殆どがビジネスマンで、海側にあるオフィスに向かっているのでしょう。しかし、これだけ利用されている地下道ですが、近い将来、廃止されるそうです。

また一つ、品川の思い出が消えてゆきます。

 撮影:2017.7.11  Nikon Df   14-24mm F2.8   RF500mm F8

Pmd_4514k_

ふと脇の側溝へ目をやると、何やら動くものを発見!レンズを付け替えて覗いてみると、小さなカニが何匹もいて海が近いことを実感する。(写真左)

以前、この地下道の途中には、品川客車区の構内(札の辻群線)へ出ることができた階段が存在した。(写真右下)

Img031kt__2私がこの地下道を知ったのは、1973年小5の時、クラスメイトのS君と初めて品川客車区へ撮影に来たときだった。

よく見ると、階段には『子供は入ってはいけません』とペンキで書かれていたが、我慢できず恐る恐る上にあがって見ると、憧れの20系ブルートレインが何本も眼前に止まっていて、えらく興奮したことを昨日のことのように思い出す。

それから4年後、思い出の階段を記録した写真が残っている。日の当たっているところは、あとで焼き込もうと考えながらシャッターを切ったことを覚えている。

この階段を上がったことのある方は大勢いらっしゃると思うが、写真を撮っている方は数少ないことだろう。 

その後、二つ目の階段が新設されたが、しばらくして二ヶ所とも閉鎖され、現在に至っている。 (写真上の階段には、数年前からパスワードロック式ドアが設置されている)   

撮影:1977.8.1  Canon EF   FD55mm F1.2   トライX     Vol.1030

 

 

 

« 只見線がくれたもの-2017神無月  深川俊一郎 | トップページ | LongDistance ○○○ 月夜の晩に・・・ ○○○  梅村貴子 »

太和田光一郎」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 品川リバイバル  高輪橋架道橋Vol.1  太和田光一郎 :

« 只見線がくれたもの-2017神無月  深川俊一郎 | トップページ | LongDistance ○○○ 月夜の晩に・・・ ○○○  梅村貴子 »

最近のトラックバック

2021年12月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31