« 只見線がくれたもの-2017霜月2  深川俊一郎 | トップページ | LongDistance ☆○☆ 昼と夜の隙間 その5 ☆○☆ 梅村貴子 »

2017年11月24日 (金)

久方ぶりの阪堺電車  171124 太和田光一郎

Pmd_7766k_

それにしても日が短くなったものだ。粉浜で仕事を終えた時には、すでに薄暗くなってPmd_7769kt__6いた。

南海本線を横目に最寄りの電停『住吉鳥居前』に着くと、オレンジ色の501がやってきた。

終点あべのばしまで、楽しそうな車内をスナップする。やっぱり路面電車はいいなあ…。束の間の時間だったが、楽しい撮影だった。

住吉鳥居前電停の側の商店街。昭和の匂いが漂ってくる。(写真右上)

Pmd_7775k68_

Pmd_7765kt__8

Pmd_7786k__8

Pmd_7785kt__8

2016年1月に廃止された住吉公園駅の駅舎は今もなお健在だ。(写真左)

撮影:2017年11月4日

Nikon D5   24-70mm    Vol.1042

Pmd_7792kt_

« 只見線がくれたもの-2017霜月2  深川俊一郎 | トップページ | LongDistance ☆○☆ 昼と夜の隙間 その5 ☆○☆ 梅村貴子 »

太和田光一郎」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 久方ぶりの阪堺電車  171124 太和田光一郎:

« 只見線がくれたもの-2017霜月2  深川俊一郎 | トップページ | LongDistance ☆○☆ 昼と夜の隙間 その5 ☆○☆ 梅村貴子 »

最近のトラックバック

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30