« LongDistance 〜〜〜 釧網本線ノロッコ号 IN 川湯温泉 〜〜〜   梅村貴子 | トップページ | 写真展のご案内 »

2017年11月 6日 (月)

トラムの走る町 26 ポルト ポルトガル   服部一人

_2017_03_03_017b
22と18系統が発着するCARMO(カルモ)の広場には大きなカトリック教会がある。

_2017_03_03_098

前回はポルトのトラム博物館をご紹介しましたが、さて今回はそのポルトのトラムです。訪れたのは春三月、ときおり小雨も降り、肌寒いあいにくの天気でしたが、わずかに陽が差す瞬間もあり、めまぐるしい天気の1日でした。

同じポルトガルのリスボン同様、坂の多い町をレトロなスタイルのトラムが走ります。リスボンよりやや地味な色合いで広告電車が少ないのも好ましいかぎり。背景の町並みも絵になるので、撮っても乗っても楽しいトラムです。


さて、写真展のご案内です。毎年開催しています日本大学芸術学部写真学科卒業生鉄道ファンによるグループ展が今年も開催されます。こちら→http://blog.rail-on.com/2017/11/post-12a7.html

今回の出品作はこのポルトのトラムと、有名なリスボンのトラムを展示します。例年より展示枚数を増やし、この2つのトラムの渋い魅力をお伝えします。

さらに、今年はリスボンのトラムの動画を会場で上映しております。写真ももちろんいいのですが、動画でこそ伝わる臨場感もあります。車輪をきしませながら狭い路地をすりぬけ、急カーブをまわっていく姿は動画ならではのものです。

会場でその魅力をたっぷりとご堪能ください。

_khf2413
庭園の中を行く区間もある。(コルドアリア庭園)

_khf2613
1系統はドゥオロ川に沿って走る。

_2017_03_03_112川沿いを走る1系統の一部区間にはきれいなグリーンベルトがある。

_khf2674

22系統は一方通行で繁華街を周回するルート。

_khf2472

車内も凝ってます。

ポルトのトラム アクセスとガイド

トラムは全部で3系統。1は川沿いに走るルート。18はCARMO(カルモ)の広場とトラム博物館を結ぶルート。22は山の手を周回するルート。
料金は1乗車3ユーロだが、2日間有効のパスが10ユーロなので、撮影で乗り降りするにはこちらがおすすめ。運行はだいたい朝9時過ぎから18時過ぎまでだが、週末は少し時間が変わる。

鉄道で他の都市からポルトを訪れた場合、18と22が発着するCARMO(カルモ)へ行くには、PORTO SAO BENTO駅からなら駅前を西に向かって歩いて行ける。もうひとつのCAMPANHA駅に着いたときは、駅前からメトロに乗りALIADOS駅で下車して少し歩くと到着する。
ポルトトラム公式ホームページ→
http://www.stcp.pt/en/tourism/porto-tram-city-tour/

_2017_03_03_150
_2017_03_03_168_2

_khf2756

_2017_03_03_180
日が暮れたあとも楽しいポルトのトラム。

FUJI X-T2 FUJINON XF35/2  CANON EOS5DMkⅡ、 EF70-200/4L                   VOL.1036

« LongDistance 〜〜〜 釧網本線ノロッコ号 IN 川湯温泉 〜〜〜   梅村貴子 | トップページ | 写真展のご案内 »

服部一人」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: トラムの走る町 26 ポルト ポルトガル   服部一人:

« LongDistance 〜〜〜 釧網本線ノロッコ号 IN 川湯温泉 〜〜〜   梅村貴子 | トップページ | 写真展のご案内 »

最近のトラックバック

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31