« 大曲にて   服部一人 | トップページ | 東海道新幹線ランドスケープ 180209   太和田光一郎 »

2018年2月 6日 (火)

只見線がくれたもの-2018如月  深川俊一郎

等圧線の間隔が狭まり、寒気が押し寄せれば、息つく間もなく雪は降ります。
暦の上では春を迎えましたが、季節は後戻りするかのように、まだまだ冬は続きます。

18008
雪花爛漫


ようやく一息ついた朝に、雪の花が見事に咲いた。
見下ろせば、そこは深く白い静寂に包まれていた。
只見線 会津宮下-早戸 HASSELBLAD 500CM Distagon CF 50mmF4 T*

18007
月光の里


張りつめた真冬の月明かりは、幽玄な世界を見せてくれる。
聞こえたのは列車が鉄橋を渡る音と、遠くの犬の鳴き声だった。
只見線 会津桧原-会津西方 HASSELBLAD 500CM Distagon CF 50mmF4 T*

Vol.1076

« 大曲にて   服部一人 | トップページ | 東海道新幹線ランドスケープ 180209   太和田光一郎 »

深川俊一郎」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 只見線がくれたもの-2018如月  深川俊一郎:

« 大曲にて   服部一人 | トップページ | 東海道新幹線ランドスケープ 180209   太和田光一郎 »

最近のトラックバック

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31